『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

65話 全宮ロコの派閥2。

 65話 全宮ロコの派閥2。

「今日の会議には、ロコ様の派閥の中でも『優秀な者』だけが集まると聞いていたのですが……」

 そこで、ケムスは、ゲンをチラ見しつつ、

「なぜ、彼のような子供が?」

「ゲンは、年齢で言えば、あたしと同じだけれど?」

「失礼。では、こう言いかえましょう。なぜ、彼のような低品質な小物を、この場に呼んだのですか?」

「ゲン・フォースは、たぐいまれな資質を持つ可能性の塊よ。その証拠に、あなたも知っての通り、彼は五歳という若さで、全宮学園Sクラスに在籍している」

「それは、ヤマトの助力があったからだと、ボーレから聞いておりますが?」

 ロコの派閥には、ボーレも入っている。
 ケムスから見て、右側二つ目の席に腰をかけている。

 ボーレは『不摂生な見た目』+『あんな性格』なので、
 色々と誤解されがちだが、
 実は、けっこうハイレベルな天才だったりする。

 ちなみに、ボーレが、この会議に参加している理由は、
 『ヤマトの敵側に回りたくなかったから』、というのが大きい。

 もちろん、それだけで、『ロコの側』に回ろうと決めたわけではない。
 色々と考え、悩んだ末に、
 ボーレは『ロコ&ヤマト』の方に賭けることにしたのだ。

 当然『100%の勝算』があるわけではないが、
 しかし『エリアBの支配形態にモノ申せる地位にまで辿り着く可能性』が、
 『彼女たち』にはある気がした。

 まだ幼いながらも、
 しかし、輝くような才能を見せつける美少女二人に、
 ボーレはじめ、ここにいる全員が、
 大きな未来を夢見てしまった。

 『派閥に加わらなかった者たち』の視点で見れば、
 『ロコにつくなど頭が悪すぎる』という結論で統一されている。
 それは間違いのない事実。
 しかし、ロコの派閥に加わった者たちが、
 みな、大きな未来を見据えているというのも、また事実なのである。

 ――ちなみに、言っておくと、
 ケムスたちは、ロコが、
 『望む革命を果たすために必要ならば、エリアBだけにとどまらず、エリアAに殴り込みをかけ、【完全院リライト】を抹殺することも辞さない』という覚悟を積んでいる事までは知らない。

 ケムスたちの『全宮ロコ派閥』に対する認識は、
 せいぜい、
 『全宮家という与党に対抗する、ちょっと声の大きい野党』ぐらいである。

 『ケムスたちの望まない形』で『全宮家』が暴走した時のストッパー要員になりたい。
 ――というのが、ロコ派閥に加わった理由の大半。

 めちゃくちゃ単純な言葉で言うと、
 『全宮ロコという後ろ盾を得て、世界に対する発言権を得たい』。
 それが、ロコ派閥に加入した者たちの本音。

 アギトやテラやルルは、すでに、自分の勢力の地盤をしっかりと固めてしまっている。
 彼らの派閥は、上から下まで、ガッチガチに固められているため、
 いくら優秀であろうと、いまさら、若手が食い込める余地はない。

 『野心ある者たち』にとって、
 ロコの勧誘は、地獄への片道チケットであると同時、
 明確な救いの手でもあったのだ。



 ――ロコは、勧誘の段階で、確かに、
 『テラやアギトに反旗を翻すつもりである』と明言している。
 だが、まさか、
 『ガチンコで【軍】をつくって、世界全体を相手取った血の革命を起こすつもりだ』などとは思っていない。

 ここら辺の認識齟齬(にんしきそご)が起きた理由は、
 『ロコ』と『それ以外の連中』の間に存在する、明確な『覚悟』の差。

 全宮ロコの覚悟を正確に認識できる者など、ここにはいない。
 彼女は狂っている。
 完全に壊れてしまっている。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く