『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

63話 ゲンたちの闘いはこれからだ!

 63話 ゲンたちの闘いはこれからだ!

「当たり前のように別次元の強さを誇っているけど……召喚条件がフザけてんなぁ……召喚できるかどうかは気分次第とか、ナメすぎだろ……」

 そうつぶやきつつ、
 ゲンは、ためしに、

「セイバーリッチ・プチ、召喚」

 と、召喚しようとしてみたが、
 ウンともスンとも。

「……予想どおり、自由に召喚はできません、と」

 ぽりぽりと頭をかきつつ、

「……『一生、気分がのりません』……みたいな感じだったら、終わりだな。貴重なマスターカードをドブに捨てたことになっちまう……」

 はぁ、ため息をついて、

「仮に召喚できたとしても、こいつは、俺が戦ったヤツと同じ強さなのかな……RPGなんかでは『敵だと強いけど、味方になるとショボくなるヤツ』が多いからなぁ……一応、ステータスは高いっぽいけど……その辺も、召喚できないから、確認しようがない……と。うーむ……」

 ぶつぶつとそう言いつつ、

「まあ、もしもの時の切り札みたいな感じで認識しておくか……仮に、さっき戦ったやつよりだいぶ弱い状態でラムドカード化されていたとしても、これだけステータスが高いんだから、召喚さえできれば、ある程度の運用はできるだろう……いろいろあやふやだが……まあ、しゃぁねぇ」

 そう結論づけると、
 ゲンは、セイバーリッチ・プチのラムドカードを、
 アイテムボックスにしまいこみ、

「さて……ここからどうするかな……」

 時間を確認すると、
 まだ今日に投資することは可能な範囲内だった。

「時間はある……そして、なぜか、体力的にも、問題ない……」

 気絶から目覚めた直後は、頭が朦朧としていたが、
 しっかりと目が覚めてくると、
 驚くほど、体が軽いことに気づいて少し驚く。

「あんだけ、大変な戦闘の直後だってのに、気力は十分……どうなってんだ、俺の体は……海馬だけではなく、視床下部もバグってんのか? やべぇな、俺……」

 さすがのゲンでも、あれだけの超高次戦闘の直後ともなれば、
 気力・体力・精神力、すべてが消耗しきっていてもおかしくない。

 が、驚くほど元気一杯だった。
 むしろ、やる気が体の奥から湧き上がってくる。

 まるで、濃度の高いコーヒーをジョッキで一気飲みしたかのごとく、
 血肉がヒリつき、目がバキバキになっている。

 ジワっとした高揚感や、あるいは焦燥感と呼んでもいいほど、
 充実した『高次のやる気』に満ちている。

「まだいける……もっといける……」

 答えは出た。

 ゲンは歩を進める。
 次のフロアに進む。

 前に進む。
 まるで、止まったら死んでしまう魚のように、
 前へ、前へと、イタズラに進み続ける。


「……レーザーファルコンか……」


 次のフロアに出てきたのは、
 自然種の高位モンスター『レーザーファルコン』。

「……ちょうど、そろそろ空でも飛んでみたいと思っていたところだ……」

 そう言いながら、
 ゲンは、

「――パーフェクト・ラージャン・エグゾギア・プチ、起動」

 切り札を投入する。
 セイバーと違い、こっちは問題なく発動。

 闘いの螺旋は終わらない。
 ゲンたちの闘いはこれからだ!


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く