『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

58話 可能性のある選択肢。

 58話 可能性のある選択肢。

「かかかかか、解除、解除、解除ぉおおお!」

 音速の解除。
 極限の圧迫感から解放されたゲンは、

「ぶひゅー、ぶひゅー……うえっ……おぇ……しんど……いや、しんどっ! マジか、おい! きっつぅ! むりむりむりむり! ぶはぁ……っはぁ……ぅえっ!」

 脂汗にまみれながら、
 何度となく深呼吸をくりかえす。


 ――その様子を見ていたセイバーリッチ・プチは、
 アホを見る目で、

「……何がしたいんだ?」

 と、呆れ全開にそうつぶやいた。


「……はぁ、はぁ、はぁ…………ぃ、いや……えっと、だから……俺は、『あいつ(トウシ)』ほど、天才じゃないけど……はぁ、はぁ……根性だけなら、勝ってなくもないかなぁ、と思って……根性が重要になるスキルを使おうとして……ゲロはいた……←今ココ……」

「……なんていえばいい? これ、なんていえばいい?」

「……笑えばいいと思うよ」

 そう言いながら、ゲンはゆっくりと起き上がり、


「すぅ……はぁ……」


 と、再度、深呼吸をかましてから、

「ぃ、いやぁ、まさか、ここまでクソスキルだとは思わなかった……しんどすぎるだろ。呼吸の一つもまともに出来なかったじゃねぇか……」

 つぶやきつつ、

「あんなもん使いもんになんねぇ……」

 現実を理解すると同時、
 『ならばどうする』と頭をまわす。

「サイコジョーカーは頼りにならねぇ……となると、残されたスキルは、激昂迅雷モードだけ……正直、それだけじゃ、勝てる気しねぇなぁ……ここまでの戦闘結果から算出した限り、絶対的に出力が足りてねぇ気がする」

 未来を想う。
 この戦いの先。
 冷静に、
 自分と相手の差を想う。

(……サイコジョーカーの長時間運用は不可能。ハッキリと分かった)

 『あれに長時間たえられる変態は【生き物】として完全に間違っている』
 などという失礼な感想すら抱きつつ、
 心の中で、

(……汎用性を求めた長時間運用は無理だが……死ぬほど覚悟を決めて、極限まで気合を入れた状態なら……十秒……いや、一瞬ぐらいは耐えられ……なくも……ない可能性がなくもない……)

 そこらの一般人とは『積んでいるエンジン』が違うので、
 『サイコジョーカーの圧迫感』に対して、
 『完全にお手上げ』というわけではない気がしないではない今日この頃。

(あくまでも一瞬……ちょっとした一瞬の『一発こっきり』が限界……)

 サイコジョーカーの圧力はハンパではないため、
 『普通の運用』は絶対に無理。

 ほんの一瞬だけ『ブースター』として使うのが限界。

(……一撃にかけるしかねぇ……激昂迅雷モードで、ゲームメイクをして、ここぞという時に、サイコジョーカーでブーストをかけた『最強の一撃』を叩き込むしか……選択肢がねぇ……)

 頭の中で『現状に対する理解』を強める。

 もちろん、ゲンは『脳ミソが死んでいるアホ』ではないので、
 他にも、いくつか戦術プランは浮かんでいる。
 『実現性の薄い選択肢』なら無限にある。

 しかし重要なのは、『可能性のある選択肢』であり、それは極めて少ない。

 彼我の差を考えれば、
 『後先考えない全身全霊の神風特攻』しか道はないのだ。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く