『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

56話 調教してやる。

 56話 調教してやる。

「素晴らしい。座視できないスピード」

 賞賛を述べつつ、
 ゲンの攻撃をギリギリのところで回避する。
 あえてギリギリにしたのではなく、
 実際に、ギリギリだった。

「とんでもない上昇率。ラージャンは『憤怒モードからが本番』とはよく言われているが……しかし、ここまで上がるのも珍しい。非常に高いシンクロ率。貴様のポテンシャルには、本気で感嘆せざるをえない」


 0000000000000000000000000000000000000

 『ラージャンゲン・憤怒モード』

 「攻撃力」       【95000】
 「魔法攻撃力」     【53000】
 「防御力」       【0】
 「魔法防御力」     【0】
 「敏捷性」       【280000】
 「耐性値」       【0】
 「バリア再生力」    【0】
 「魔力回復力」     【0】
 「反応速度」      【230000】

 1111111111111111111111111111111111111


「それだけの強さに至って、まだ、本来の力を微塵も発揮できていないというのだから、空恐(そらおそ)ろしい話だ」


 などと口にしているセイバーリッチ・プチの視線から、
 ゲンの姿がフっと消えた。

 一瞬、本当に、完全に見失う。

(緩急っ……いや、瞬間移動がヘタくそすぎて予測が切れたのか……鬱陶しい……どこだ……)

 蚊を目で追っていると途中で見失ってしまう現象。
 アレに酷似しているのが現状。

 動きに『思考』がついてきていないせいで、
 逆に予測がし辛い状況。

 『配球にのっとって丁寧にコントロールされた球』よりも、
 『メチャクチャな荒れ球』の方が、
 まったく予測できなくて、打ちにくいという原理にも似ていた。



「ぐあばっ!!」



 死角からの強烈な一手を受けて、
 セイバーリッチ・プチは豪快に吹っ飛ぶ。

 吹っ飛んでいこうとする、その足を、
 ゲンは、
 片手で、ガシっと、粗雑に掴み取ると、

「ふんぬらば!!」

 そのまま、地面に向けてたたきつける。
 戦術もクソもない、たんなる荒々しい暴力。

「ぐぅ! がぁ!!」

 悲鳴をあげるセイバーリッチ・プチに、
 ゲンは、しかし、手をゆるめることなく、


「だぁああありぁああああああ!!」


 両足を強くふんばり、
 両手で力いっぱい背負い投げ。

 そのまま、馬乗りになって、

「うら、うら、うら、うらぁあああああ!!」

 計算もクソもない拳を無数に打ち付ける。
 とにかく、荒々しく、
 ただただ、力強く、

 力こそパワーだと言わんばかりの勢いで、
 ひたすらに、セイバーリッチ・プチをボコボコにするゲン。

 そんな、ガキのケンカみたいな攻撃を受けたセイバーリッチ・プチは、
 その『安っぽさ』に対する怒りをあらわに、

「いい加減に……しろぉ!!」

 口内に集めた魔力とオーラをバーストさせて、
 特に名称のないゲロビを、ゲンに向かって吐き出した。

「どわぁ!」

 そのあまりの圧力に、
 ゲンはドバっと吹っ飛ばされる。

 空中で停止して、
 キっと、視線をセイバーリッチ・プチに向けるが、
 しかし、

(セイバーがいねぇ……どこに――)

 姿が消えたセイバーリッチ・プチの行方を、
 高速の眼球運動で探そうとした、
 と同時、

「暴れるしか能のない愚劣な獣に……調教を施してやる。格の違いを思い知れ」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く