『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

55話 パーフェクトラージャン・プチ(憤怒モード)。

 55話 パーフェクトラージャン・プチ(憤怒モード)。

「まず、俺に積む時間をあたえるべきだ! それが世界の道理! 真理とも言えよう! というわけで、100年くれ! 100年もあれば、あんたと向き合える力を得られなくもない気がしなくもない! たぶん! いや、きっと!」

 ゲンのおしゃべりは止まらない。

「あ、いや、でも、100年だとちょっと厳しいかも! もう一言! よし、1000年にしよう! そのぐらいあれば……いや、まだ不安だな……よし、ここは1万年にしていこう! これでハンマープライス!」

 などと、勝手なことをゴチャゴチャわめいているゲン。

 そんなゲンの発言を完璧にシカトして、
 セイバーリッチ・プチは、

「聖なる死が瞬(またた)く」

 そう言いながら、
 『死神の剣翼』を広範囲に展開させていく。

「……おい、イケメン。なに、物騒なものを展開させているんだ。モチつけ。大丈夫だ、俺は怖くない」

「怖いさ……多少は、な」

「おい、あんた、わかってんのか? そんな危なそうなモノを、俺ごときに使うなんて、末代までの恥だぞ。いいのか、後世にまで汚名が残っても。俺はいやだなぁ。セイバーリッチには、常に、一貫して、かっこいい存在でいてもらいたいなぁと、俺なんかは切に願う次第なワケだったりもしないでは――」

「――踊れ、死の翼たちよ」

 ゲンの妄言をブッタ切って、
 セイバーリッチ・プチは、
 死神の剣翼をきらめかせる。


「どわぁ! どわぁああああ!!」


 四方八方から迫りくる死の剣を、
 慌てふためきながら、全力回避するゲン。

「ちょっ、ちょ待っ――ヤバイって! ヤバイってぇええ!」

 回避できたのは、
 集中反射による緊急回避が保てた最初の数秒だけで、

「いぐぃっっ!!」

 一度歯車が狂えば最後、
 ゲンの全身は、死の剣によって、
 メッタ刺しにされてしまう。

「ぶへっ……ごほっ……」

 大量の血を吐き出すゲン。

 大ダメージ。
 HPバーが一気に削れた。

「うぐっ……痛ぇ……」

 頭が吹っ飛びそうなほどの激痛。
 その激痛が、ゲンのオーラに触れる。

「……痛ぇんだよ……クソが……痛ぇ……痛ぇ、痛ぇ、痛いぇ、痛ぇ、痛ぇ……」

 すると、グツグツとした熱が、
 ギリギリと、音をたてて燃え上がり、

「今のは、痛かった……」

 ゲンの全身を包み込む。

「痛かったぞぉおおおおおおおおおおおおお!!」

 強烈に膨れ上がった感情。
 『本心』では、特に怒りの感情は沸いていないのだが、
 しかし、パーフェクト・ラージャン・エグゾギア・プチの熱が、
 強制的に、ゲンの頭を燃え上がらせる。


 ゲンのそんな姿を見て、
 セイバーリッチ・プチは、ニっと黒く微笑んで、


「憤怒モードか……さて、どのぐらい上がる?」


 武を構えて様子見。
 堅(けん)の姿勢で、ゲンのムーブを見守る。


「死ね、カス、ごらぁああああああああああ!!」


 知性のない特攻。
 怒りに身を任せた暴力の暴走。

「素晴らしい。座視できないスピード」

 賞賛を述べつつ、
 ゲンの攻撃をギリギリのところで回避する。
 あえてギリギリにしたのではなく、
 実際に、ギリギリだった。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く