『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

54話 おしゃべりなゲン。

 54話 おしゃべりなゲン。

「すばらしい速度だ! しかし、遅いな!」

「どっちやねん!!」

 明確に矛盾するセリフを叫ぶセイバーリッチ・プチ。
 だからこそ、つい、型通りの言葉を返してしまったゲン。

 無造作に暴力を拡散させる『猛獣ゲン』と、
 柳のようにヒラヒラと回避するセイバーリッチ・プチ。

(やべぇな……これ、当たる気しねぇ……)

 ほんの数秒のぶつかり合い。
 だが、それでも、理解できることは確かにある。

 ゲンとセイバーリッチ・プチの間には、
 まだまだ埋めきれない差がある。

(この厨二野郎、どんな強さしてんだよ……何やったって、勝てる気しねぇ……こいつが『世界で一番強い神様です』って言われても普通に信じるレベルだぞ……)

 どうにか、攻撃を当てるところから始めようと、
 いろいろ画策してみるものの、
 しかし、すべてが空振りに終わるという絶望。

(こりゃ、ダメだな……もはや、笑っちまうぜ)

 心の言葉だけではなく、
 実際、

「は、はは……」

 と、力なき笑顔で苦笑をこぼすゲン。

 そんなゲンに、
 セイバーリッチ・プチは、

「この絶望下でも笑えるとはすばらしい胆力。感嘆に値する」

「いや、胆力始動の頼もしい笑みではなかっただろ。『あちゃー、こら、あきまへんな』って時の笑いだっただろうが」

「もちろん理解しているが、それがなにか?」

「……うわ、性格が死んでるな、このクズ」

「よく言われる」

「なら、改(あらた)める努力をしやがれ」

「ハッキリ言っておくが、本気を出した私の性格の悪さは、こんなものではない」

「どういう自慢?」

「自慢ではない。自虐だ。ただのな」

 などと言いつつ、
 セイバーリッチ・プチは、
 オーラのギアを一段階あげる。

「さあ、そろそろ、エグゾギアの扱いにも慣れてきただろう。準備運動は終わりにして、本気で殺し合おう」

 さらにグっと圧力を増したセイバーリッチ・プチを目の当たりにして、
 ゲンの背筋に鋭利な寒気が走った。
 ゆえに、

「……お、落ち着け、イケメン! こんな短時間で、これほどの奇妙な力に慣れるほど、俺は天才肌じゃない! あんたのような天才と違って、俺は無能なんだ! その辺を考慮して行動していただきたい! あんたほど理知的で品行方正っぽいやつなら、模範的行動に徹するぐらいワケないだろ?!」

 ゴリゴリにゴマをすってから、

「最初にちゃんと言っておくが、俺は、時間をかけて積み上げないと何もできない系男子だ。というわけで、10年くれ。3000~5000日ぐらいあれば、どうにか、『慣れる』ぐらいはできるはずだ」

「……」

「さ、というわけで、ウォーミングアップの続きをはじめよう。これまで通り、決して反撃せず、俺が成長できるよう、うまく立ち回ってくれ。さあ、いこう」

「準備運動はもう飽きた」

「あわてるなぁ! まだ、お前が本気を出す時間じゃない。今の俺にそんな価値はない! 俺にはわかる! お前からは、磨き抜かれた鍛錬の結晶を感じる! だが、俺にはそれがない! 比べると、まるで、ウジ虫と太陽! みろ、このみすぼらしさを! 吐き気すらおぼえる! というわけで、まず、俺に積む時間をあたえるべきだ! それが世界の道理! 真理とも言えよう! というわけで、100年くれ! 100年もあれば、あんたと向き合える力を得られなくもない気がしなくもない! たぶん! いや、きっと!」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く