『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

53話 セイバーリッチ・プチは強すぎる。

 53話 セイバーリッチ・プチは強すぎる。

(……よくわからんけど、まあ、これで、少しは可能性が出てきたかな……いやぁ、しかし……なんだろう、この『過保護なレール』に乗っている感……いや、この違和感は、過保護というより……『おざなり(テキトー)』って感じ……)

 などと、心の中で考えていると、
 それまで静観していたセイバーリッチ・プチが、

「輝くような強さじゃないか。荒々しく、煌々と輝く光。――私もならおう。漆黒よりも黒き闇に染まる私を魂魄に刻め」

 そう言うと、右手を天に掲げて、

「彷徨う魂を祝福しよう。終わりなき常闇に、安らかな終焉を与えよう。さあ、詠おう。詠おうじゃないか。抗えぬ死と、狂える絶望に敬意を表し、たゆたう漆黒の杯を献じながら。――そう。私は聖なる死神、セイバーリッチ・プチ。死の剣を背負い舞う漆黒の煌めき!!」

 セイバーリッチ・プチの詩に誘われるように集まってきた深き闇は、輝きながら収束していく。

 闇色に輝く粒子を放ちながら、
 セイバーリッチ・プチの背後に、左右三本ずつ、
 宙に浮かんでいる剣の翼が顕現した。

 刀身に刻まれた神字が輝きはじめ、
 まるで喝采のようにバチバチと黒い電流を放出しだす。

「これぞ、まさしく、聖なる絶望。この世界で最も強大な力――
  【死神の剣翼】
    ――さあ、聖なる死を迎えいれよ」

 剣の翼は、まるで後光。
 その凶悪なオーラの中に、
 ゲンは、
 言葉にならない神々しさを見た。

「……おいおい、また、グンと圧力が増したな……発言は永遠に香ばしいのに、オーラの方はガチすぎて、鬼チビりそうだぜ」

 言いながら、ゲンは、肩をまわす。
 姿勢を整えて、呼吸を深くする。


「いきなりヤベェ敵が登場して、いきなりヤベェ力を手に入れて……正直、頭の整理がまったく追いつかないパニック状態だが……まあ、でも、不思議と、心の芯は落ち着いている……そんな自分が正直、気持ち悪くてしかたねぇ……が、同時に、少しだけ誇りに思う」


 自分に対する意見を並べてから、

「マジで、現状、さっぱり意味不明だが……だからって、みっともなくアタフタしているだけのカスに、全宮ロコの剣はつとまらねぇ。どれだけワケわかんなかろうが、どれだけ目の前に絶望が広がっていようが……最後の最後まで、徹底的に、全力で、もがき、あがき、闘い続けてみせる」

 そう宣言すると、
 呼応するように、
 ギィイインと、エグゾギアの駆動音が加速した。

 暴れたがっているのを強く感じた。
 ゲンはニっと笑って、

「プチよ、俺を導いてくれ」

 テンプレなセリフを口にして、
 ダンッッと、地面を蹴りつける。

 ゲンは、飛翔した。
 空間をシカトして、次元を駆け抜ける。

 その様を見て、セイバーリッチ・プチが叫ぶ。

「すばらしい速度だ! しかし、遅いな!」

「どっちやねん!!」

 明確に矛盾するセリフを叫ぶセイバーリッチ・プチ。
 だからこそ、つい、型通りの言葉を返してしまったゲン。

 互いの武をぶつけあう両者の様は、まるで、
 暴れ猛(たけ)る闘牛と、
 冷静沈着なマタドールのよう。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く