『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

52話 過保護なレール。

 52話 過保護なレール。

『おめでとう。あなたは【パーフェクト・ラージャン・エグゾギア・プチ】を入手した』

 という、電子音が響いた、
 と、同時、


『素体融合、開始』


 どこからか声が響く。
 先ほどの声とは別モノだった。


『輝荒王(きこうおう)回路外骨格、構築完了』



 気付いた時、ゲンは、『光輝く荒ぶる王』を『身に纏って』いた。


 それを見た刈プチが、プルプルとわなないて、

「おお……うぉお……なんという激運の持ち主だぁ……入手確率0,00000000000017%の超々々アイテムをゲットしてしまうとはぁぁぁ……おみそれしましたぁぁぁ……」


 などと称賛してくる刈プチを尻目に、
 ゲンは、しぶい顔で、

「なんか、ものすごく芝居がかっていたのが気になるが……」

 そうつぶやきつつ、
 自分の体を纏っている外殻の性能を確認する。

「な、なんだ、この強さ……」



 0000000000000000000000000000000000000


 [EGB]     【9999/9999】
 [MP]      【9999/9999】

 「攻撃力」       【55000】
 「魔法攻撃力」     【23000】
 「防御力」       【0】
 「魔法防御力」     【0】
 「敏捷性」       【99999】
 「耐性値」       【0】
 「バリア再生力」    【0】
 「魔力回復力」     【0】
 「反応速度」      【99999】

 ・スキル
 【激昂迅雷(げっこうじんらい)モード】「全性能が大幅に上昇。ただし、使用中、バーサク状態になる」
 【サイコジョーカー】「全性能が凶悪に上昇。ただし、負荷がハンパではないので、根性がないと耐えられない」
 【UFオーラ展開】「システム発動時、常に最高位のフェイクオーラに包まれる」
 【スーパーリミッター】「制御システムが向上、その代わり、全性能が大幅ダウン(扱いやすくなるが、弱くなる)」
 【気高き暴君】「敵が弱いとスーパーリミッターの制御率が上昇する」
 【ブチ切れ暴君】「一定以上のダメージを受けると『憤怒モード』に移行する。『憤怒モード』は『激昂迅雷モード』よりも上昇率は低いが、その代わり、バーサク率も低い」

 1111111111111111111111111111111111111



「え、マジで俺、超低確率をあてたのか? もしかして、今までの人生でガチャ運が劇的に微妙だったのは、今日のため的な?」

 ハッキリと理解できるわけではない。
 ここまでくると、数字を見てもよくわからない。
 今までは、100とか1000のくらいで生きていたのに、
 いきなり、唐突に、
 10000とか100000とか、
 そういう意味不明の次元にジャンプされても、
 理解などできるわけがないのだ。

 しかし、確かに感じる、圧倒的な力。

(……よくわからんけど、まあ、これで、少しは可能性が出てきたかな……いやぁ、しかし、エグゾギアって……確か、闇市に売っている『死ぬほど高いアイテム』だよな……そんなもんが、宝くじで手に入っていいのか……いや、まあ、一応、申し訳程度にプチという言葉が刻まれてはいるが……うーん……なんだろう、この『過保護なレール』に乗っている感……いや、この違和感は、過保護というより……『おざなり(テキトー)』って感じ……)


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く