『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

-?2話 ゼノリカレント  

 -?2話 ゼノリカレント  

「……いいね。かっこいいよ、才藤零児。『なにもかもがハンパだったガキの頃』とは大違いだ。君は大きく成長した。結局、君ではダメだったが……しかし、君は大きな可能性を示した……可能性だけじゃダメなんだけど……けれど、無意味じゃない」


 死にゆく間際、
 才藤は、
 己の全てを振り絞り、



「――絶対に……諦めねぇ――」



 生命力をフルで暴走させる。
 憤怒の中に全てを込める。

 その様を見て、ソルはニっと微笑んで、

「MPはもう尽きているのに、まだそれほど輝けるか……すごいね。オーラが圧縮されていくのが分かる。しかし、それじゃ、届かない。それじゃダメだ」

 言われなくてもわかっている。
 そう言いたげな目で、
 才藤はソルをにらみつけ、


「俺は祈る……」


 全ての魂魄を解放する覚悟。
 死を飲み込んで、
 もっと前へ、
 もっと向こうへ。


「俺の覚悟が、混沌を裂く光になりますように……全てを奪い返す……本物の光に……」


 祈りをささげてから、

「もちろん……そのために必要なことは、全部やる……俺の全てをささげる……」

 無理して、全力で、
 『ニィ』と、
 聖なる闇のように、
 まっ黒く微笑んで、



「ぼくちゃんは……聖なる死神……ぼくちゃんの全部を、この拳にかける♪」



「最後の最後まで痛々しいね。けれど、だからこそ強く輝く。……君の祈りはコスモゾーンに届いた。君の拳は、君の覚悟によって、運命の最果てにも届きうる力を手に入れた。さあ、くるがいい。君の全てをうけとめてあげるよ」

「いつまでも、高いところからモノを言えると思っちゃノンノン♪」

 最後まで、
 軽やかな口調で、
 けれど、心にはニトロをブチこんで、


「聖なる死神の芸術を見るがいい♪」


 全身全霊を、拳に込めて、


「華やかに死んじゃえ、ウザったいから♪ 不愉快な悪循環にシャープシューター♪ くらえよ、これが、本気のファックユー♪ お前の全てが自己矛盾♪ 満たす、命の暴風雨♪ ぼくちゃんは、お前の全部を否定する♪ この命全部で否定する♪ さあ、くらいやがれ♪ ぼくちゃんの想い♪ その全部っ!!」


 想いの全てを、
 象(かたち)に変える。





「……『メギドグリムアーツ・セイバーゼノリカレント』っっ!!」





 強力な体術。
 想いと覚悟の全てを込めた、芸術的一撃。

「――うぉっと」

 その拳は、
 ソルの腹部をさらっていった。
 細胞が消滅する。
 オーラが削られる。

 間違いなくダメージを与えた。
 極大のダメージ。
 条件次第では、世界全てを破壊することだって、
 きっと、不可能ではない、
 そんな渾身の一手。

 ――しかし、

「うんうん……いい一撃だった。本当に……美しい一手だった。君の人生、君の地獄、君の想い、すべてが一点に集中していた」

「……」

「覚悟を込めた体術の極限、滅する死神の芸術……メギドグリムアーツ……いいね、名称がいい。かっこいいよ。君らしさが詰まっている、いい厨二技だ。どこかで使わせてもらうよ」

 ノーダメージではなかった。
 才藤の拳は、ソルの腹部を貫いた。
 しかし、ソルは、軽く血を吐いただけで、
 死に至るほどのダメージは受けていない。


「がはっ……っ……ぐっ……くぅ…………ぜ、ゼロじゃねぇ……『無』には還(かえ)らねぇ……俺の想いは……執念は……決して……っ」


 結局のところ、才藤は、ソルを相手に、
 ほとんどダメージをあたえることもできずに息を引き取った。

 文句なしの敗北。
 才藤零児は、ソルに負けた。
 完璧に敗北した。
 完全に死んだ。


 しかし、それは『有機領域』に限定された『一部分』の話。



 ――絶対にあきらめねぇ――
 ――この怒り、この憎しみ――
 ――狂いそうだ。死んだ時よりもはるかに苦しい――


 ――しかし、だからこそ――



 才藤零児の『執念』は消えなかった。


 その執念は、虚空を彷徨って、
 舞い散りながら、

 けれど、確かに、
 ――『彼』へと託された。


 才藤零児の執念は、
 今もなお、必死で、運命に抗い続けている。
 クソみたいなバッドエンドを殺すために。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く