『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

44話 真に完璧な英雄を待ちながら。

 44話 真に完璧な英雄を待ちながら。

「――メギドグリムアーツ・セイバーゼノリカレント!!」

 超次元のグリムアーツで、
 ナイアに削りを入れていくセイバーリッチ。
 覚悟と憤怒と執念が込められた美しき一手。

 ズンと、重たく、
 グンと、伸びやかに、

 セイバーリッチの拳が、
 ナイアの魂魄に揺さぶりをかける。



(――めちゃくちゃ成長してんなぁ……)



 セイバーリッチの豊穣(ほうじょう)を、
 ナイアは嬉しそうな目で見つめていた。

(やはり『残して』おいてよかった……)

 心の中でそうつぶやくと、
 ナイアは、

「――だが、まだまだ足りてねぇ。俺には届かねぇ。それじゃダメだ。それじゃ、何も救えねぇ」

 両手に膨大なオーラをブチ込んでいき、

「……『想い』だけで救える世界は、少年誌の中にしか存在しねぇ! 狂おしいほどの暴力(エネルギー)がなけりゃ、この世で最も醜い『口だけの虚勢』で終わる! お前の根源はどっちだ?! 本物の覚悟か! 薄っぺらな虚勢か!!」

「どちらかといえば後者だね♪ ぼくちゃんは、いつだって、口先だけのハンパ者♪ ファントムトークでお茶を濁すことしか出来ない愚かなサイコパスさ♪」

 そう前を置いてから、
 しかし、

「……けれど……」

 『覚悟が足りない表情』の『対極』と断言できる、
 『ビリビリとした熱意のほとばしる顔つき』で、

「……それでも叫び続けると誓った想いを……死ぬほど焦がれた憧憬を、絶対にあきらめないと喚(わめ)いた執念を……」

 ギリギリと、奥歯をかみしめる。


「痛みも、苦しみも、弱さもぉおおお!! 全部、全部、全部ぅうう! まるごとぉおお! あつめてぇぇぇっ!!」


 電流を纏い弾ける。
 荘厳な、命の叫び。
 大きな光が収束していく。
 散り散りになった想いの結晶。

 それが寄り集まって、
 またたいて、
 セイバーリッチの右腕に寄り添うように、
 大きな一つとなる。


「顕現せよ!! リミットブレイクウェポン、パーフェクト・トゥルーヒーローォオオオッッ!!!」


 キュィイインッッ!
 と、叫びに呼応する駆動音が世界に響く。
 その直後――
 ガチャガチャガチャッッ!!
 と、音をたてて、想いの結晶が具現化されていく。
 現れたのは『命の希望』を模したような巨大な銃。

「最恐の死神にして、最高のヒーローでもある『ぼくちゃん』の全部で……華麗な終焉を飾ってあげる♪」

 体の5倍はある超巨大な大口径のビームライフル。
 地面に固定されているがレティクルは自由。


 音声入力式超高威力ライフル。
 使用すると全身のシステムが長時間オーバーヒートしてしまうというデメリットがあるものの、威力は間違いなく最高の究極兵器リミットブレイクウェポン。

 フルパレードゼタキャノンを、
 さらに『使いにくく』したような、クソピーキー兵器であり、
 それゆえに、火力だけはフルパレードゼタキャノンを超えている。


 ――それを見たナイアは、

「最恐や最高だけじゃ届かない世界を教えてやるぜ」

 両手に、オーラと魔力を結集させていく。

「てめぇの、その『ラリった闇』すら飲み込む『無秩序な混沌』。その無様な姿を、その目にやきつけろ」

「無様な姿なら見飽きたさ♪ ぼくちゃんが見たいものは、その先にしかないんだよねっ♪」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く