『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

43話 聖なる死神の芸術。

・前書き
2020年8月13日木曜日に、
「センエースwiki」というのが公開されます!
センエースに関するありとあらゆる情報が掲載されており、
「センエースを読むうえでの辞書」として完璧なのですが、
それ以外にも「無数の未公開情報」が山のように記載されております!
ぜひ、一度、ググってみてください! 13日の木曜日に公開されます!
読み物としても、非常に面白いと思いますよ!!



――――――――――――――――――――――――


43話 聖なる死神の芸術。

 極大パワーアップを果たしたナイアに対し、

「うん。すごく大きいね♪ さすが、さすがぁ♪」

 言いつつ、武を構えるセイバーリッチ。
 口調ほど余裕はない。
 というより、最初からずっと、別に余裕があるわけではない。

 彼は、『必要』に駆られて『聖なる死神』を演じているだけ。

 どんな時でもシニカルかつコミカルに、歪んだ笑顔でニヤリと笑う。
 そんな『かつて彼が追い求めた理想の姿』を演じているだけ。


「ぶち殺してあげる♪ 『あの時』とは違うってところを、みせつけてあげたい♪」


「そりゃ、すげぇ時間が経ってんだから、『あの時』とは違うだろうぜ。しかし、結果はかわらねぇ。てめぇごときに、俺という絶望はこえられねぇ」

 煽りはそこそこに、
 両者は時空を駆け抜ける。

 互いに距離を奪い合う、移動だけの闘い。
 その戦いが、数秒過ぎたタイミングで、
 ナイアが最初に仕掛けた。

 ヌルリと、セイバーリッチのふところに忍んで、

「――爆牙・鳳凰仙丸(ほうおうせんがん)ランク3800――」

 手の中に圧縮させた爆裂属性の塊を、
 鮮やかにぶち込もうとして、

 けれど、セイバーリッチは、冷静に、

「――装壁(そうへき)・不鬼銘城(ふきめいじょう)ランク3800――」

 高度な防壁魔法を展開し、
 ナイアの魔法をいなしてみせた。

「さすが主役級! 相変わらず、判断力いいじゃねぇか!」

「ほとんど、それだけが取り柄だからね♪」

 言葉を交わし合いながらも、
 両者は、貪欲かつ狡猾に、
 有利を奪い取ろうと、細かく画策していく。

 オーラを分断して、
 八方に配置する。
 命のカケラがまたたいて、うごめいて、
 魂魄の死角を虎視眈々と狙いすます。



「あはは、たのしいね♪ キラキラ光る♪ ピカピカうたう! 全部が見える♪」



 弾けた爆風が、逆再生したみたいに、細かなチリへと変わって、
 隠忍(いんにん)しながら反撃の時期をうかがう。

 無数のグリムアーツと、
 それを支える数々の極大魔法。

 世界が神様の絵画になる。


「勘違いもはなはだしいぜ、セイバーリッチ。まだまだ、てめぇには何も見えちゃいねぇ。本物の『絶望の底』ってのは、目視できちゃいけねぇんだ」


 互いに、慇懃(いんぎん)な積み技の応酬で、メンタルを削り合っていく。

 『豪快なグリムアーツ』や『派手な魔法』の影に隠れて、
 緻密で繊細な11次元のチェスが行われる。

「――『凄惨たる死神の咆哮』♪」
「カオスティック・マキシマイズ・ドリームオーラァァァ!!」

 厨二の神と、混沌の神が、
 お互いの異常性を、これでもかとぶつけ合う。

 領域外の芸術を切り取ったような、
 刹那を噛み砕く静寂が、
 ザラリと、互いの頬に触れた。

 コンマ数秒の瞑想で明暗を上書きしていく。
 これは、たがいの雅量(がりょう)を測り合う死闘。

「聖なる死神の芸術を見せたげる!!」

 そう叫んでから、
 セイバーリッチは、両手の拳に、聖なる死を圧縮していく。
 膨れ上がる、歪なオーラ。
 聖なる邪悪さという、完全なる自己矛盾で、
 自身の不可解さを底上げしていく。




「――メギドグリムアーツ・セイバーゼノリカレント!!」




 超次元のグリムアーツで、
 ナイアに削りを入れていくセイバーリッチ。
 覚悟と憤怒と執念が込められた美しき一手。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • れいしゅふぃあ

    センエースwikiなんて作ってたんですか?さすがです!作者さんありがとうございます!

    1
コメントを書く