『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

41話 め、めんどくさ……

 41話 め、めんどくさ……

「魔法ラムドカード『死欲のツボ』、発動。デッキから7枚のモンスターラムドカードを墓地に送る」

 そう言うと、デッキから7枚のラムドカードを選び、
 『闇の沼(地面にオートで召喚される、異空間の入り口)』の中へと放り投げる。

 その後、デッキをシャッフルしてから、

「魔法ラムドカード『輪廻転生』、発動。墓地に存在するモンスターカード5枚を手札に加える」

 宣言すると『闇の沼』から、五枚のカードが飛び出してきて、
 ナイアの手札におさまった。

「さらに、魔法ラムドカード『無貌(むぼう)の施(ほどこ)し』、発動。デッキから5枚引き、その後、手札から3枚を墓地に捨てる」

 そんな一連を見ていたセイバーリッチは、

「ああ、なるほど、そうやって回すデッキなんだね♪」

 言いながらも、セイバーリッチは、ナイアの動向を見守る。

 その間、ナイアは遠慮なく、

「モンスターラムドカード『オクジュ・メシアライザー』、召喚。このモンスターの召喚に成功した時、デッキから儀式ラムドカードを手札にくわえることができる」

 デッキから一枚選んで手札に加え、軽くシャッフルしてから、

「儀式ラムドカード『仮面ドラゴンの秘儀』、発動。手札から、合計レベル『20兆』をこえるモンスターを生贄にささげることで、手札から『ゴーリエ』を特殊召喚できる」

 きわめて面倒な手順を踏むことでしか召喚できないモンスターの召喚に成功。
 混沌仮面デッキに内包されているラムドカードのレベルは3~5兆が精々。

 つまり、『仮面ドラゴンの秘儀』を発動するためには、
 ラムドカードを五枚ほど生贄にささげる必要がある。

 ここまで、流れるように、よどみなく展開しているが、
 実のところ、
 手札が事故っていた場合、
 ゴーリエを出すだけでも数分の時間を必要とする。

 究極超神級の極限戦闘状態において、数分のロスは当然命取り。
 そんな『事故』の可能性をはらんでいるがゆえに、
 混沌仮面デッキは真っ黒に光り輝く。


「モンスターラムドカード『仮面龍・ゴーリエ』、召喚」


 召喚されたのは仮面を纏っているドラゴン。
 なかなかの存在感を放っているが、

「えぇ? それが切り札ぁ? ぶっちゃけ、大したことないね♪ 存在値10兆くらいじゃないか♪」

「もちろん、こいつも生贄要員だ。混沌仮面デッキの面倒くささをナメんじゃねぇ」

 言いながら、ナイアは、

「魔法ラムドカード『ユングデッドの呼び声』発動。体力を三割消費することで、墓地から『哲学ゾンビのペルソナ』を二枚サーチ」

 闇の沼から、また二枚のカードが飛び出してきて、手札の中におさまる。

「これで、準備は整った。……儀式ラムドカード『無寿羅(むじゅら)の憧憬』、発動。場のゴーリエと、手札にある『哲学ゾンビのペルソナ』2枚を生贄にささげることで、俺は、この『とっておきの切り札』を場に召喚することができる。絶望の権化。歪なアイロニー。その慟哭は剣。つまりは――『オメェの出番だぞ』ってこった……さあ、こい、『仮面神獣フィロジュラ』!!!」


 出現したのは、
 仮面を纏った神の獣。

 神々しさの奥に見える醜悪な闇。
 邪気が渦巻いていた。
 まるで『不道徳という概念』を形にしたみたい。

 どこまでも禍々しい、
 嫌悪感を覚える歪なフォルム。

 仮面種の頂点。
 大神級モンスター『仮面神獣フィロジュラ』。


「ちなみに、こいつがフィロジュラの能力だ。確認しな」


 そう言いながら、ナイアが指を鳴らすと、
 セイバーリッチの目の前に、エアウィンドウ形式で、フィロジュラのステータスが表示される。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く