『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

40話 混沌仮面デッキ。

 40話 混沌仮面デッキ。

「……パーフェクトエグゾギア……『ゲン的』に言えば当たりだが……『VSセイバーリッチ』で考えると……ぶっちゃけ、そんな大当たりってほどじゃねぇ……ようするには、もろもろ踏まえると、この辺が限界って話だ……」

 ナイアが引き当てたのは、神のシステム『パーフェクトエグゾギア』。

 パーフェクトエグゾギアは、『同期に時間がかかる』ような『みっともなさ』など併せ持っていない。
 今すぐにでも暴れることが可能。
 とはいえ――


「けっこう強くなったねぇ♪ けど、それじゃ、足りないんじゃない?」


「ああ……まだ足りねぇ……」


 ため息を一つはさんでから、

「……が、何も用意してないワケでもねぇ……どんな面倒に直面したとしても『どうにか出来るだけの準備』はしてきた……」

 そう言いつつ、
 そこで、ナイアは、右手の中に、二枚の札を具現化させる。

 一枚には『杯』が、もう一枚には『仮面をかぶった異形』が描かれている小さな札。

 その二枚の札を天に放り投げながら、



「……『臨夜(いざや)に一杯』……」



 宣言すると、二枚の札は空中で、無数の黒いハナビラとなって、ヒラヒラと幻想的に舞い落ちる。

 すると、ナイアの手の中に、
 ラムドカードが30枚ほどのセットされているデッキが出現した。

 ナイアは、そのデッキを、セイバーリッチに見せつけつつ、

「……名称、混沌仮面デッキ。全部で31枚。『メイン』となるのは、大神級仮面種のモンスターカード『1枚』だけ。他の『30枚』は、その『たった1枚のメイン』を召喚するためだけに存在する生贄要員。だが、しかし、たんなる生贄要員とあなどるなかれ。その30枚も、すべて究極超神級」

「暴露のアリア・ギアスを積んでいるのは……その混沌仮面デッキとやらを使うための条件の一つだからかなぁ?」

「いや、絶望させたいだけさ。もっというと、自慢したいだけだ。実利益以外の欲求もたまには、グツグツと湧いてくる。それが、それこそが、純粋無垢な、命の不具合。合理だけで世界は回ってねぇ」

 そう言うと、ニィと笑い、

「……『長久の時を積んできた』のは『テメェら主人公キャラだけじゃねぇ』ってところを見せてやる。俺の想い、俺の覚悟……その一部だけだが、確かに見せてやるから、全力でおののきやがれ」

 そう言うと、
 ナイアは、空中で華麗にリフルシャッフルしつつ、
 上から五枚のカードを手札に加え、


「この混沌仮面デッキには、いくつかのアリア・ギアスが積まれている。最初から使えるのはランダムに引いた五枚だけ。その後は、一分経過するごとに一枚ずつ使用できるようになる」


「おそろしく面倒くさいアリア・ギアスを積んだね♪ バカなのかな?」

「ああ、おっしゃるとおり、バカみたいに面倒くさい。だが、だからこそ輝く。アリア・ギアスってのはそういうもんだ」

 そう言いながら、ナイアは、手札の中から、

「魔法ラムドカード『死欲のツボ』、発動。デッキから7枚のモンスターラムドカードを墓地に送る」

 そう言うと、デッキから7枚のラムドカードを選び、
 『闇の沼(地面にオートで召喚される、異空間の入り口)』の中へと放り投げる。



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く