『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

39話 サクリファイス・リーンカネーション。

 39話 サクリファイス・リーンカネーション。

「セレクト、セレクト、セレクト、セレクト、セレクト……BB」

 と口にしてから、アイテムボックスに手を伸ばした。
 すると、妙な音がして、
 謎のエフェクトが発生。

 ナイアだけに許された裏技、バグアイテムボックスの顕現!

 『いかれたアイテム』が多数収納されているチート技。
 あまりに破格チートすぎるため、
 使用するごとに、ナイアが自分に課している『縛りレベル』が下がっていく。

 縛りレベルが下がれば下がるほど、
 ナイアにとって『看過できない不利益』が起こるのだが、
 それが実質的に『どういうものであるか』は超・禁則事項ですっ♪

(さすがに『ガチ系』を使うと下がりすぎるからなぁ……縛りレベルを下げずにすむアイテム……となると……やっぱ、これだな……)

 ――バグアイテムボックスから、一枚の魔カードを取り出しと、
 ナイアは、

「裏禁止魔カード、強制執行」

 そう宣言した直後、

 ――許可しない――

 そんな声が世界に響いたが、



「強制執行だ、っつってんだろ。お前の意見なんざ聞いてねぇ」



 そう吐き捨てると、

「――『サクリファイス・リーンカネーション』――」

 宣言しながら、裏禁止魔カードを破り捨てる。



「刻印は……『激昂乱舞』……っ」



 と、同時、
 ナイアは、

「グフッ……ブゲホッッ!!」

 大量の血を吐いた。
 噴水のような吐血。

 己の血に溺れそうになりながら、

「ぎぃ……」

 奥歯をかみしめて、

「……イエローカードってか? ……そんなにムクレるなよ……『こういう傍若無人(ワガママ)』を毎回やるわけじゃねぇ……『もう二度としない』とは言わねぇがなぁ……くくく……」

 いまだあふれる大量の血。

 頭がクラクラするし、ズキズキもしている。

 かなりの痛手。
 かなりの無茶。
 しかし、やる意味はあった。
 やる価値があったかどうかは知らないが。


『素体融合、開始』


 どこからか声が響く。
 先ほどの声とは別モノだった。


『輝荒王(きこうおう)回路外骨格、構築完了』


 気付いた時、ナイアは、『光輝く荒ぶる王』を『身に纏って』いた。

「……パーフェクトエグゾギア……『ゲン的』に言えば当たりだが……『VSセイバーリッチ』で考えると……ぶっちゃけ、そんな大当たりってほどじゃねぇ……ようするには、もろもろ踏まえると、この辺が限界って話だ……」

 己(おの)が全身を包み込む膨大な暴力を肌身で感じつつ、ボソっとつぶやくナイア。

 サクリファイス・リーンカネーションで引き当てたのは、
 『パーフェクト・ラージャン・エグゾギア‐システム』!!

 頭からつま先まで、完全に、まるでキグルミのように。
 まるで、身長2メートルほどの『荒ぶる王』の内臓や骨を綺麗にくりぬいて、代わりに、その中にナイアが収まっているかのように。

 その輝く荒ぶる王は――『半分ほどマシン化した最上級の猛獣や怪獣を丁寧に分解し、その中で最も猛々しいフォルムのパーツ』だけを集めて組み立てたような姿だった。

 『この世の全てを破壊しつくさん』としている王の姿が、そこにあった。

 半分生きていて、半分機械化している、荒ぶる王。
 炎天を飲み込んだような獰猛さ。
 存在そのものが、命への警告。
 『永遠を想起させる光』と『爆裂のような猛々しさ』が合わさった獣。
 無限の猛輝が、

 ――狂ったように覇を吼(ほ)える。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く