『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

37話 無数の聖なる死。

 37話 無数の聖なる死。

「か、神の慈悲!!」

 ナイアは、慌てて回復魔法を使うが、

「……ぜ、全快しねぇっ……神の慈悲ですら再生不能な闇……ぐっ……」

 『最大HP』にダメージを与える系統の攻撃。
 別段珍しくもないが、『神の慈悲』ですらリカバリー不可能となれば話は別。

 どうにか、あの手この手で最大HPまで回復させよぅとしていると、
 そこで、

「まさか、さっきでの終わりだと思ってるのかなぁ? ノンノン、そんなわけもなし♪ むしろ、ぼくちゃんのオンステージはここからはじまるのさ♪」

 魔力を高めて、情け容赦なく、

「――『フォーエバー・フォース・ブリザード』――」

 極大魔法を発動。
 色々な意味で『モリモリのアリア・ギアス』が込められたその魔法は、
 しっかりと、ナイアの魂魄にまで届く。

「ちぃ……っっ……紅兎(こうと)・斂葬魔炎(れんそうまえん)ランク3000っ!」

 完全に凍らされる前に、自身に対して魔法を放つことで、どうにか抵抗したものの、

「……ぅ……」

 即死回避した際に発動する『意識障害』がナイアを襲う。
 『フォーエバー・フォース・ブリザード』は、
 ネーミングだけ見れば完全にネタ魔法だが、
 実際のところ、性能の方は、かなり破格。

 ほぼ確実に即死を通し、
 通せなかった場合は、
 確定で、何らかの状態異常を付与する害悪魔法。

「うううっ! ちぃ!」

 精神力だけで、どうにか意識障害にもレジストしてみせたが、
 完全無効にしてみせたワケではないので、明確なスキが生じてしまう。

 そういう細かいスキをどれだけ見逃さずに寄せていけるか、
 それが高次戦闘における基本的なセオリー。

「抵抗が一手遅いねぇ♪ ノンキかっ!」

 セイバーリッチの猛攻はとどまることを知らず、
 その後も『厨二属性』の魔法をバンバン放ってくる。

 膨大な魔力。
 人外の精神力。

 そのあまりの圧力に、
 さすがのナイアも、

「――がぁあああああああああああ!!」

 押し込まれる。
 歪で特異的な空間系の魔法を連射され、
 いくつもの檻に閉じ込められて、
 超高次の圧縮を受け、
 その流れのまま、


「――『ダイアグラム・セイバーゲート・デスワールド』――」


 セイバーリッチは、
 無数に用意してきた『切り札』の中でも、
 結構な『とびっきり』を投入。

 膨大な魔力とオーラと神気を必要とする、
 圧倒的な超上位グリムアーツ。

 『聖なる死』という、
 ぶっちゃけ、ちょっと何を言っているのかわからない『奇妙な概念』を、

 きわめてリアルな『凶悪に殺傷力に高い特質的エネルギー』へと変換する異質な技。

 極大の領域魔法と、固有スペシャルと、積み重ねてきた体技。
 その全ての複合技。

「――はは、死んじゃえ♪」

 星の数ほどになった、無数の『聖なる死』が、
 ナイアの全てを包み込む。

 いまだ、『何を言っているのかわからない概念』だが、
 それでも、現実として、
 『聖なる死』は、ナイアを圧殺しようと襲い掛かる。



「だぁぁあぁぁぁああああああああああああああああっっっ!!」



 膨大な存在値を誇るナイアでも、
 セイバーリッチの覚悟を前にすれば、
 さすがに無傷ではいられない。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く