『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

35話 こんにちは、はじめまして♪

 35話 こんにちは、はじめまして♪

「狂気的にダセぇよなぁ、ほんと。中学二年生の暴走。ヤバすぎる情緒の錯綜(さくそう)。……マジで、勘弁してほしいぜ……もう、そういうのからは、とっくに卒業してんだっつーの……」

 ブツブツと本音を口にしてから、

「けど……それでも……これが俺の根源だから……この醜さ、この弱さが、俺の器……みっともなくて、無様で、やるせなくて、心底ウザくて、ゲロ吐きそうだが……けど、でも、だからこそ……俺は背負う……背負ってみせる! この地獄……この狂気……っ!!」

 グっと、顔をあげて、
 ナイアをにらみつける。

 その瞳に『覚悟を決めた者の炎』が宿る。

 すぅうっと大きく息を吸い、
 一度目を閉じてから、
 カっと開く。

 すると、先ほどまでの『すべての痛みを我慢しているような顔』から一転、

 『なんとも気持ちの悪い笑顔』を作り、
 ビシっと、
 とことんまでカッコつけた、
 極上の厨二ポーズで、




「こんにちは、はじめまして♪ ぼくちゃんは、本物の『聖なる死神』。この薄汚れた世界を、とびっきりの邪悪で照らす漆黒の輝きさ♪」




 『羞恥』ではなく『狂気』でもって、
 彼は、

 『本物のセイバーリッチ』を『まっとう』する。

 そうでなければ届かない世界があるから。
 そうでなければ何者にもなれないのが彼だから。

 『極端に尖ったキャラ』を貫く覚悟。
 全てを背負って、彼は、うたう。

 両手を広げて、天を仰ぎ、
 恍惚の表情で、

「汝等の死を愛しちゃう♪ 汝等の絶望を称えちゃう♪ 彷徨う魂を祝福しちゃおう♪ 終わりなき常闇に、安らかな終焉を与えちゃおう♪ さあ、詠おう。詠っちゃおう♪ 抗えぬ死と、狂える絶望に敬意を表し、たゆたう漆黒の杯を献じつつ♪ ――そう。ぼくちゃんは、聖なる死神セイバーリッチ。死の剣を背負い舞う漆黒の煌めきさ♪」

 コールを終えると、
 その背中に『死色の翼』が顕現した。

 絶華色(ぜっかしょく)の狂気――『死神の剣翼』。

 その圧倒的な加護により、
 セイバーリッチの全ステータスが大幅に強化される。

 これだけでは止まらない!
 セイバーリッチの真価はここから!

 荒ぶる厨二のポーズを決めて、

「悪鬼羅刹は表裏一体♪ ぼくちゃんは独り、無間地獄に立ち尽くす♪ どこまでも光を求めてさまよう旅人♪ ここは幾億の夜を越えて辿り着いた場所♪ さあ、詠おう。詠っちゃおう♪ 喝采はいらない♪ 賛美も不要♪ ぼくちゃんは、ただ、絶望を裂く一振りの剣であればいい♪ みたいな♪ 感じで♪」

 言葉がゆらめく。
 魂魄がまたたく。

「それでは、独善的な正義を執行しちゃおう♪ たゆたう血で穢れた杯を献じつつ♪ ――そう、ぼくちゃんは、ぼくちゃんこそが、聖なる死神セイバーリッチ♪」

 言葉が象(かたち)になっていく。
 息を吸って、心を込めて、魂を削り、



「満を持して、ヒーロー見参♪」



 コールの直後、背に顕現する!
 全部で十六本の翼!
 極まって輝く、最果ての後光!

 つまりは、『英雄の剣翼』!!!

「最強×最強♪ これぞ、文句なしの『ぼくがかんがえたさいきょう』の翼♪」

 重なり合った英雄と死神の剣翼。
 最恐のブレンド。
 決して折れない死華が舞う。

「さぁて、それでは、蹂躙を開始しちゃう♪ ぼくちゃんの翼は、枯れないメロディ♪ どうせ死ぬなら、踊らにゃそんそん♪ というわけで、さあ、終わらない死の底で、パラパラとか踊ってみたらいかが? 手拍子ぐらいはしてあげるよ♪ 気が向いたらね♪」

 ワケのわからん言葉で、世界をケムに巻く。
 これが、セイバーリッチお得意の『ファントムトーク』!!

 言葉の意味はよくわからんが、とにかくすごい不快だ!

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く