『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

33話 弱さ。

 33話 弱さ。

 セイバーリッチは、
 ユラユラとオーラを増幅させて、

[――ダークグロリア・イミテーション――]

 バフ魔法を使用した。
 と、同時に、
 セイバーリッチは、トプンと、空間に溶け込んだ。


 闇の中を翔けて、
 ナイアの背後をとると、


[――デス・フィールド・イミテーション――]


 ダメージを与えた際に一定確率で即死させることが出来るフィールドを張りつつ、
 その巨大な聖剣を、ナイアの首めがけて振り下ろす。

 ナイアは、そんなセイバーリッチの聖剣を左手の中指だけで受け止めながら、

「……んー? お前、どこにでもいるリミテッドとかわらねぇな……」

 つぶやきつつ、
 セイバーリッチの腹部に軽めの蹴りをいれる。

 かなり軽めに蹴ったつもりだったのだが、

[ぶふぉおおおおおおおおっっ!!]

 セイバーリッチの腹部は破裂し風穴があいた。
 血を垂れ流しながら、もだえ苦しむセイバーリッチを見下ろしながら、

「ああ、悪い、悪い。普通にマジで力加減を間違えた。ガチで、そこまでダメージをあたえるつもりはなかったんだ、ゆるしてくれ」

 フラットな表情でそう言ってから、

「――神の慈悲――」

 言いながら、指をパチンと鳴らすと、
 セイバーリッチの腹部が一瞬で完治した。

「……さて、様子見はもういいから、そろそろ本番を見せろ。あるんだろ? とっておき。この状況で、特に何もないなんて、そんな構成は許されねぇ」

[……ぅ……ぐ……]

 完治はしたものの、あまりの恐怖と圧力から、セイバーリッチは一歩引いた。
 たった一回の攻防で、セイバーリッチは彼我の差を完全に理解し、
 根源的な恐怖に包まれ、根こそぎ戦意を引っこ抜かれた。



[……ば……ばけもの……]



「はぁ? おいおい、待て待て……その後じさりやめろ。下がるな、下がるな、マジで……ごら、動くなっつってんだろ!」

[……ひぃ……]

 ナイアに怒鳴られたことでセイバーリッチは悲鳴をあげ、その場で尻もちをついた。
 あまりにも情けないセイバーリッチの姿を見て、
 ナイアはため息をつき、

「ビビって尻込みって……いやいや、お前、マジで、何しに出てきたんだよ……」

 ナイアの圧力に体の震えが止まらないセイバーリッチ。
 ついには、弱弱しさを爆発させて、


[こ、殺さないで……やめて……む、むり……]


「ちょ、待っ……ふざけんなよ……」

 ナイアの呆れは、怒りにかわっていき、


「たんなるリミテッドバージョンとはいえ、お前もセイバーリッチだろうが……なら、最後まで、重たい闇を抱えてニヤリと笑いやがれ」


[ひぃ……ひぃ……っ]

 すごまれて、よけいに腰が引けるセイバーリッチ。

 その姿を見て、心底からイラっとしたのか、
 ナイアは、瞬間移動でセイバーリッチとの距離を詰め、

「ウザすぎんぞ、てめぇ。なんだ、その過剰な脆さと弱さは。ナメてんのか」

 セイバーリッチの腹部めがけて、拳をつきだした。

[……が、はっ!!]

 腹部を突き破られ、
 当然のように吐血する。

 虚ろな目で、

[……ご、ごめんな……さい……ゆるして……調子にのったこと、あやまります、だから……ゆるして……]

 許しを請う。
 全力で、弱さを見せつける。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く