『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

31話 無駄な時間。

 31話 無駄な時間。

「――ぶへぁっ――」

 膨らみ切った風船が割れてしまったかのように、
 ゲンの意識はブチンと途切れた。

 鼻血を放出し、ゲボを吐き散らす。
 ゲンの精神は圧殺された。
 さすがに耐えきれなかった。


「あーあー、さすがに無理かぁ! これも耐えられたら褒めてやろうと思っていたが、まあ、もちろん、耐えられねぇよぁ! ぎはははぁ!」


 一通り嗜虐芯MAXの高笑いを決め込んでから、

「さぁて……それじゃあ、肉体も消滅させるとするかぁ」

 そう言いながら、再度、リボルバーの銃口をゲンに向けた、

 ――その時、



「……あっさり折れやがって……」



 ゲンがムクリと起き上がって、
 そんなことをつぶやいた。

「……はぁ? おい、てめぇ……どういうことだ……完全に廃人になったはず……なのに、どういう――うぐっ!!!」

 ゲン――『ナイア』が、
 指をパチっと、
 軽く鳴らすと、
 『刈り取っちゃう者』の全身がマヒ状態に陥った。

 ナイアは、動けなくなった『刈り取っちゃう者』に対して、
 さほど意識を向けることなく、『自分(ゲン)』に向けてブツブツと、

「……2分30秒しか持たなかった……短すぎる……本物の舞い散る閃光ならば、たとえ同じスペックでも、最低一時間以上はもがいてみせただろう……というより、勝ってしまう可能性すらある。実際に勝てるかどうかはわからないが、『勝てるかもしれない』と思わせる『輝き』が本物にはある。だが、ゲンにその可能性を微塵も感じなかった。そして実際、ほんの数分であっさり限界……『P型センエース4号の質』が低いというのは、最初からわかっていたが、『本物』とここまで大きな差があると、さすがに……」

 しぶい顔で、頭をかきむしりながら、

「……だが、これ以上のテコ入れは、本格的にバグる可能性があるから厳しい……せっかく『丁寧に積んできた前提』を、なかったことには出来ない……」

 天を仰いで、
 一度、深いため息をつくと、

「……ここまで粘ってはみたが……もはや、精神面を強化するのは諦めた方がよさそうだな……今のままでも、最低限の基準はクリアしていることだし……というか、そもそも、大事なのは0号のほうで、こっちはメインじゃねぇし」

 そう言うと、
 ナイアは、スタスタと、
 痺れて動けない『刈り取っちゃう者』の眼前まで歩き、

「……『お前(刈り取っちゃう者)の方の出来』は、そこそこ悪くないんだが……イベントキャラの出来だけよくても、プレイアブルキャラが微妙だと、当然、神ゲーとは言えねぇ」

 タメ息交じりにそう言うと、
 ナイアは、刈り取っちゃう者の手からリボルバーを奪い取り、
 その銃口を、刈り取っちゃう者の額に押し付けて、



「――エギドラオン――」



 サクっと極悪魔法を使い、
 刈り取っちゃう者の頭をドガンと無慈悲に吹っ飛ばした。

 首から上を失った『刈り取っちゃう者』は、
 ドサリと、力なく、その場に倒れこむ。

 そんな『刈り取っちゃう者』に意識を向けることなく、
 ナイアは、

「なんの収穫もない無駄な時間だったな……ったく……」

 ダルそうに、そうつぶやいた。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く