『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

28話 刈り取っちゃう者は、強すぎる。

 28話 刈り取っちゃう者は、強すぎる。

「神級だったら、最強じゃないだろ。モンスター階級の一番上って、確か、大神級だよな…………んー、なんだろう……威圧感は本物なのに……セリフと雰囲気が、すげぇ小物くせぇ……」

「あぁん? 小物ぉ? 誰のセリフがぁ? まさか、俺のセリフがぁあああ? あぁあああああああん?」

「あ、いや、あの……とりあえず、落ち着きません? こちらに敵対する気はありません。これは、ただのアクシデントです。いわゆる不慮の事故。というわけで――」

「というわけで、なんだぁ? まさか、だから見逃せってぇ?」

「まあ、端的に言うと、そうなりますねぇ」

「ぎははははははは!」

 刈り取っちゃう者は、大声で笑ってから、

「束の間とはいえ、せっかく、自由になれたってのにぃいいい! 獲物を見逃すとか、ありえねぇだろぉおおおおお!」

 そう叫びながら、地面を蹴る。

 ゲンが、
 ――『刈り取っちゃう者の姿が消えた』、
 と認識したと同時、
 背後に回っていた『刈り取っちゃう者』が、ゲンの背中に、

「ぐぼはぁ!!」

 『刈り取っちゃう者』の全長より長い刀を突き刺した。

 ゲンの口から血があふれ、
 激痛に意識が飛びそうになる。

 だが、刈り取っちゃう者は、そんな甘えを許さない。

「残念、気絶はゆるさねぇ! 『死神の慈悲』!!」

 パチンィィン、と景気よく指を鳴らすことで、
 歪な回復魔法を執行させ、ゲンの傷をふさぐ。

 『死神の慈悲』は『神の慈悲』と違い、
 『肉体を回復した量』と同等の『精神ダメージ』をあたえるという拷問魔法。

「ぎぃいあああああああああああ!!!」

「叫びが甘ぇ! もっと喚(わめ)けよ、足りねぇよ! そんなヌルい悲鳴じゃ、俺の渇きは癒せねぇええええ!」

 続けて、刈り取っちゃう者は、
 無慈悲に、強欲に、
 ゲンを切り刻んでは、
 『死神の慈悲』で『死なないように調節』しつつ、
 ゲンの精神に、多大な負荷をかけ続けていく。

「ぐぅうう! くそがぁ!」

 『やるしかない』と理解したゲンは、
 無我夢中で、

「ラムドアイズ・インフラレッドドラゴン、召喚! 覇鬼、召喚! ワンダーナイト、召喚!」

 手持ちの全てを放出し、
 さらに、『武装闘気』も『分身』も投入し、
 さらに、

「虹気ぃ!!!」

 今の自分に可能な全部を惜しみなく投入。
 当然、その手に構えるのは現状のゲンが有する最強の武器『真剣卍(まじまんじ)』。

 ゲンは、血走った目で、『刈り取っちゃう者』をにらみつけ、

「調子にのるなよ、ハゲ、ごらぁああ!」

 気合を入れるように叫ぶと、自陣に向けて、

「いくぞ、野郎どもぉおお! あの『クソダセぇ顔なし』を、八つ裂きにしてやれぇえええ!」

 問答無用の『ガンガンいこうぜ』を発令!
 後先考えていない脳筋特攻!
 数の暴力!!

 そんな頭の悪い猛攻を受けた『刈り取っちゃう者』は、

「ぎははは! いいねぇ! やっぱ、命のハントに『獲物の抵抗』は是非モノぉ。ぎひひ……お前の全部、受け止めてやるよ。その上で、徹底的になぶり殺しにしてやる! お前の全部を刈りつくすぅううう!!」

 狂ったように叫びながら、
 自身に特攻してくるモンスターたちを刻んでいく。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く