『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

27話 不死種の神級モンスター『刈り取っちゃう者』、出撃。

 27話 不死種の神級モンスター『刈り取っちゃう者』、出撃。

『こっちにきちゃダメだよ。
 こっちを選ぶのはキ〇ガイだけ!
 だから、絶対にダメだよ。
 絶対だからね!
 押すなよ!
 チラッд゜)』


 と書かれている扉を前にして、
 ゲンは、

「……やれやれ」

 首を横にふりながら、

「あまりにも安い挑発だ。そんな『程度の低いお約束』に、『生粋の功利主義者』であるこの俺様が乗るとでも? 残念ながら、俺は『体当たり型のエンターテイナー』じゃない。『クールでシャイなリアリスト』だ」

 言いながら、ゲンは、正規ルートの方へと進むが、
 扉の前で、ぴたりと足をとめ、

「……」

 数秒考えてから、

「いやいや」

 と、軽く首を横に振ってから、
 しかし、

「……」

 もう一度、ジットリとした無言の時間を過ごすと、
 ゲンは、渋い顔で、ボリボリと頭をかいて、

「……ったく、しょうがねぇなぁ、もぉおお! ……一回だけだぞっ」

 そうつぶやくと、
 正規ルートに背を向けて、


「ヤバそうだったら、すぐに逃げよう……」


 当然のように、『キ〇ガイホイホイ』の方に入ってしまった。
 この扉を前にして逃れられるキ〇ガイなど、本物のキチ〇イではないのだ!





 ――『キ〇ガイフロア』は、区切りのある一室ではなく、
 『精神と時〇部屋』のように、
 何もない真っ白な空間が永遠に広がっている感じだった。

「……」

 この空間の不穏さに、ゲンの肌がピリついた。
 イヤな予感がとまらない。
 ゾクっと背中に冷たい感覚が走った。

「……これは……ガチでヤバそうだな……」

 つぶやいたと同時、
 ゲンは引き返そうと、振り返るが、
 しかし、

「……げっ」

 扉は消えてなくなっていた。

「……う、うそぉん……」

 ブワっと、冷や汗が大量にあふれた。
 イヤな予感が膨らんでいく。
 ビリビリと肌が軋む。

 ――直後、


『――ぴんぽんぱんぽーん』


 電子音が響いた。
 ゆっくりボイスのような、抑揚に違和感がある声。

『禁止エリアへの侵入を確認。迎撃システム【刈り取っちゃう者】出撃準備開始』

「……おいおい、何をする気……」

 ゲンに戦慄する時間すら与えず、

『出撃準備完了。【刈り取っちゃう者】よ、自由を許可する。好きに暴れろ』

 宣言が終了したと同時、
 ゲンの眼前に、美しいジオメトリが出現した。

 そして、そのジオメトリの向こうから、

「……ぶはぁ」

 真っ黒なロングトレンチコートを着込んだ『のっぺらぼう(口あり)』が出現した。
 長身で、ガリガリで、肌の質感はボロボロ。
 その『のっべらぼう』――『刈り取っちゃう者』は、

「ぎひっ」

 裂けたような口をニィと弾ませて、

「ぎははははははははは!! マジか! 自由?! 好きにやっていいのか?! うれしぃいいいいいいい!!」

 狂ったように笑う『刈り取っちゃう者』を見て、
 ゲンは、根源的恐怖を覚えた。

「……おいおい……やべぇだろ、これ……」

「気づいたか? 気づいちゃったか?! そうさ、俺はやべぇ! 全モンスターの中で最も厄介な種族である『不死種』!! その中でも最高位の『神級』!!! 全宇宙最強の死神! 刈り取っちゃう者! 名前はふざけているが、だからこそ『エグい加速』を背負っている覚悟と狂気の結晶! ステータス最強! 属性最強! 魔法も最強! グリムアーツも最強! すべてが最強! 完全無敵の最強死神!! それがこの俺ぇぇぇ!!」

「神級だったら、最強じゃないだろ。モンスター階級の一番上って、確か、大神級だよな…………んー、なんだろう……威圧感は本物なのに……セリフと雰囲気が、すげぇ小物くせぇ……」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く