『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

26話 チラッ|д゜)

 26話 チラッд゜)

「……さて、どうすっかな……覇鬼のレベルを10にしてワンダーナイトと合体させてから10体を倒す方が早いか……」

 色々、グルグルと考える。
 どうするのがベストか。
 自分の中の最善はどこにあるのか。

 ――こういう事を考えている時間が一番楽しい。


「ワンダーナイトや覇鬼より上のランクになると、召喚条件がつきそうなんだよなぁ……それなら、『即召喚できる用』として、このままレベルを上げていった方が……いや、合体させた方が『基礎ステ』が上がるから、ある程度、合体を重ねてからレベルを上げた方が……」

 頭の中で、無数の選択肢が浮かんでくる。
 ・合体させる。
 ・レベルを上げる。
 ・先に進む。
 ・二枚目を求める。

 ――と、
 そんな高速進路選択のさなか、
 ふと、

「あ、そういや、インフラレッドのレベルはどうなったかな」

 そう思ったゲンは、ラムドアイズ・インフラレッドドラゴンのレベルを確認する。

 経験値が分散するのを嫌ったゲンは、
 今回の12分間では、覇鬼を召喚せずに、
 インフラレッドだけで闘った。

 計20体のモンスターをソロで倒したことで、
 インフラレッドのレベルは、
 なんと、

 ――『5』に上がっていた。


 000000000000000000000000000000000000000

 『ラムドアイズ・インフラレッドドラゴン』

 《RCL》    【5】

 [HP]     【2350/2900】
 [MP]     【920/1500】

 「攻撃力」    【290】
 「魔法攻撃力」  【290】
 「防御力」    【190】
 「魔法防御力」  【180】
 「敏捷性」    【270】
 「耐性値」    【350】

 魔法『インフラレッド・インフェルノ』
 スペシャル『ブレス系の火力増大(大)』
      『HP自動回復(中)』
      『MP自動回復(中)』

 召喚条件『敵の存在値が300を超えていないと召喚できない』
     『ラムドカード二枚を生贄にささげないと召喚できない(生贄にささげられたラムドカードは1時間使用不可)』
     『特殊領域(チョコネコのもっと不思議な館等)では無条件で召喚可能』

 111111111111111111111111111111111111111

「成長率は高いんだよなぁ……けど、20体も倒して、まだレベル5……まあ、10分ちょっとでレベルが5まで上がったと考えれば、まだ……いや、でも……」

 などと、軽くぶつぶつ言ってから、
 ゲンは、

「これだけ強いモンスターがいれば、ある程度先まで進んでも問題はないだろう……いつまでも覇鬼&ワンダーナイトと戯れているより、先に進んだ方が効率的か……」

 そう判断すると、

「……まあ、とりあえず、前に進んでみて、勝てそうにないモンスターが出てきたら、一手前のフロアでレベル上げ&カード集めをしていく……っていうのが、一番効率的かな」

 そう言って、
 ようやく、覇鬼のフロアの向こうへと進む。

 通路にワナがないか、多少警戒しつつ、
 次のフロアに進むと、
 モンスターは出現しなかったが、
 扉が二つあり、片方には、



『こっちが正規ルート。普通はこっち。
 凡人はこっちを選ぶべき。
 常識ある普通の人はこっちを選ぼう』



 と書かれており、もう片方には、



『こっちにきちゃダメだよ。
 こっちを選ぶのはキ〇ガイだけ!
 だから、絶対にダメだよ。
 絶対だからね!
 押すなよ!
 チラッд゜)』



 と書かれている。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く