『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

24話 スゴイぞー! カッコいいぞー!

 24話 スゴイぞー! カッコいいぞー!

「召喚条件がない低ランクのラムドカードと、切り札的な高ランクのラムドカード……あと、切り札を召喚するための捨てラムドカードも必要……最終的には20~30枚くらいは育てて、そこそこのデッキにしないといけないかも……いやぁ、こりゃ、大変だなぁ」

 ニィと微笑みながらそうつぶやくゲン。

 きわめて面倒な話だが、
 しかし、ゲンは、
 こういう事を楽しめる性格をしている。

「とりあえず、まずは、サクっと、ワンダーナイトをラムドカード化するかぁ。今の戦力なら、10体を倒すくらい『5分ちょい』でいけるだろ」

 言いながら、ゲンは館の中へと入っていく。

 最初のフロアでは、いつも通り、ワンダーナイトがわいてきた。
 再現性が完璧。
 なんともゲーム的。

 ――ゲンは、さっそく、

「ラムドアイズ・インフラレッドドラゴン、召喚」

 最強の切り札を投入する。

 全長五メートルくらいの龍が出現。



「スゴイぞー! カッコいいぞー!」



 様式美の感嘆符を述べてから、

「いけぇえ! 滅びのインフラレッド・インフェルノ!」

 命令を受けて、ラムドアイズ・インフラレッドドラゴンは、口を大きく開けた。
 ギィイン……
 と、エネルギーが集まっていき、
 ついに、そのエネルギーは暴走する。

「紅蓮の炎に抱かれて消えろ!!」

 豪快な深紅のゲロビ。
 その強烈なエネルギーは、
 ワンダーナイトを一瞬で消し炭にしてしまった。

「ふははははは! 粉砕! 玉砕! 大喝采!!」

 軽く調子に乗ってから、

「ふふん。これなら、マジで5分とかからずにラムドカード化できそうだな」

 そう言いながら、ゲンは、ドロップアイテムを回収後、
 次のフロアに進み、
 覇鬼と対峙する。

 同じく、ラムドアイズ・インフラレッドドラゴンを召喚し、

「滅びのインフラレッド・インフェルノ!!」

 ゲロビを叩き込む。
 強大な火力で即座に瞬殺――とはいかなかった。

「紅蓮の炎に抱かれて消え……ばかなっ!」

 ノリノリでテンプレゼリフを口にしつつも、
 その直後、心底、面倒くさそうな顔で、 

「……えぇ、耐えるのぉ……」

 と、しんどうそうにつぶやくゲン。

 インフェルノをくらった覇鬼は、フラついているものの、しかし死んではいない。

「ダルいなぁ、一撃で死んでくれよ。効率、悪いじゃねぇか」

 つぶやきながら、ゲンは、足に力を込めてダッシュ、
 力強く踏み込んで、

「――ゲン・エクセレント――」

 スパッ!
 と、真剣卍で、覇鬼の首を切り取ってみせた。

 覇鬼は、HPミリで耐えていただけなので、一撃で仕留めることができた。

「できれば、一撃で殺してほしいところなんだよなぁ。こう、サクサクっと、殺していきたい。こういうワンテンポ遅くなるのは好きじゃない……」

 『非効率で泥臭い鍛錬』を続けられる『忍耐強い性格』でありながら、
 『細かい所でテンポが悪くなる事』は『極端に嫌う』という謎な嗜好。

 『コレ』は『純性』も有している『センエース性』の一つ。

「ラムドカードレベルが上がったら、一撃で殺せるようになるかな……」

 などとつぶやきながら、
 ラムドアイズ・インフラレッドドラゴンのレベルを確認すると、

「げっ……覇鬼とワンダーナイトを狩ったってのに、レベルが1のまま……こいつ、レベルあがりにくすぎだろ……」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く