『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

22話 激おこ。

 22話 激おこ。

「……よし、とりあえず、俺専用の太刀(たち)、完成!」

 テキトーに素材を混ぜ合わせて、外装だけ整えた太刀。
 ハッキリ言って、まったく出来はよろしくない。

「名前は……真剣卍(まじまんじ)に決定!」

 アプリに入力すると、
 刀身に名前が刻まれた。

 その結果、内包されている魔力量が数パーセントアップする。
 『名前』は『モノ』に力を与える。

「……はじめて作った武器にしては、なかなか悪くないかもしれないな」

 そう呟きながら、まじまじと眺めるゲン。

 『神の領域に達した錬金術師』の視点で言えばゴミみたいなアイテムだが、
 素人が初めて作ったアイテムだと考えれば、及第点と言える出来。


 000000000000000000000000000000000000000

 『真剣卍(まじまんじ)』

 《アイテムクオリティ》 【8】
 《コアマテリアルランク》【0】
 《シンクロ率》     【0%】
 《装備者への愛》    【-600(ふざけた名前をつけられたため)】

 [HP]        【+7】
 [MP]        【+10】

 「攻撃力」       【+25】
 「魔法攻撃力」     【+23】
 「防御力」       【+12】
 「魔法防御力」     【+20】
 「敏捷性」       【-3】
 「耐性値」       【+9】


 付与『常時MP回復(極小)』
   『常時HP回復(極小)』
   『召喚獣のスペック上昇(極小)』

 111111111111111111111111111111111111111

 『変な名前をつける』というアリア・ギアスによって、
 基礎ステータスは底上げされたのだが、
 しかし、そのかわり『装備者への愛』は低下してしまった。

 この辺のバランスが難しいのもアイテム作成の問題点。
 もちろん、この先、大事に使い込んでいくことで、
 装備者への愛は変動していくのだが、
 『ふざけた名前をつけられた』という記憶は永久に残ってしまうため、
 愛の加算度にはマイナスが永遠につき続ける。

 『装備者への愛』による『スペックの増加』は、
 結構バカにならない要素なので、
 『究極のアイテム』を目指すのであれば、
 愛が下がる系のアリア・ギアスはつけないほうがいい。


 ※ ちなみに、真・第一アルファの武器屋で売られているのは、
   クオリティ3~5のアイテムがほとんど。
   そのため、真剣卍の方が、はるかに有能。
   ちなみに、クオリティ10ぐらいで一級品と呼ばれ、
   クオリティ20をこえると国宝級となってくる。


 一般の武器屋で売られている剣の性能がこちら↓。

 000000000000000000000000000000000000000

 『ノーマルブレード』

 《アイテムクオリティ》 【5】
 《コアマテリアルランク》【0】
 《シンクロ率》     【0%】
 《装備者への愛》    【0】

 [HP]        【+0】
 [MP]        【+0】

 「攻撃力」       【+9】
 「魔法攻撃力」     【+0】
 「防御力」       【+3】
 「魔法防御力」     【+0】
 「敏捷性」       【-15】
 「耐性値」       【+2】


 付与『あるわけねぇだろ』


 111111111111111111111111111111111111111





 ★





 ――翌日の休日は、
 迷わず、朝から、『チョコネコのもっと不思議な館』に向かった。

(ためしたいことは山ほどある)

 武器も、ラムドカードも、全てためしたい。
 素材ももっと回収したいし、
 覇鬼のフロアより先に進みたい。

 館の前につくと、
 中に入る前に、

「……とりあえず、合体させておくか……」

 と、決断し、
 ワンダーナイトと、ラムドオーガを合体させるゲン。

 その結果、完成したのは……


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く