『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

19話 アイテムをつくろう。

 19話 アイテムをつくろう。

 ――寮に戻ってきたゲンは、
 ササっと片手間に食事を終わらせ、

「それでは、アイテム作成にとりかかるとするか」

 アプリの『P型ウィトゲンシュタインのアトリエ』を起動させる。
 すると、ゲンの視界がグニャリとゆがんだ。

 特殊な異空間に飛んだゲン。

 学校の教室くらいのサイズで、
 様々な器具がズラっと配置されている空間。

「いいねぇ、ワクワクする」

 さっそく、器具を確認していくゲン。

「ある程度『使い方がわかる道具』もあるが……大半は、用途不明だな……もっと錬金の勉強をしないと、細かいことはできそうにない……」

 P型ウィトゲンシュタインのアトリエは、錬金術師としてのスキルをサポート&カバーしてくれる便利なアプリだが、しかし、なんでもかんでもやってくれるわけではない。

 大半の事は感覚的にやっても大丈夫なようになっているが、
 突き詰めた『アイテム作成』を求めるとなると、
 錬金術の高位知識が必要不可欠となってくる。

「まあ、出来ないことは出来ないコトとして……まずは、できることをやっていく」

 ハウトゥーを勉強するばかりでは、なかなか先に進めない。
 実践こそ最大の経験値となる。
 陸の上でいくらフォームの勉強をしても、
 実際に泳げるようにはならないのと同じ。

 泳げるようになりたかったら、水に飛び込むべきであり、
 それは、すべての『勉強』にいえること。

「まずは、コアマテリアルの作成だ……」

 つぶやきながら、ゲンは、

「最初の『とっかかり』が、ソコってのが凄いな……」

 本来であれば、コアマテリアルの作成は、高位の錬金術師しかできない秘儀。
 果て無き勉強と、長久の訓練を経た果てに、ようやく出来るようになる技。
 だが、ゲンは、その辺のアレコレをすっ飛ばして、
 『まずはそこから』の精神で着手することができる。

「まずは、素材からコアを抽出……」

 コアマテリアルは、素材やアイテムから抽出できる。
 ※ この辺の説明をシッカリするとなると、
   時間があまりにかかりすぎるため、省略します。

「組み合わせて……調律……よし。まずは、武器用のコアマテリアル、作成完了。アトリエのサポートがあるから、めちゃめちゃ簡単だな」

 本来であれば、もっと手間と時間がかかる作業なのだが、
 アトリエのサポート能力がハンパではないので、
 短時間でサクっと終わらせることができた。

「コアマテリアルが完成したら、次は、外装……」

 素材を組み合わせてカタログから選択する仕様。

 外装の作成も、本来であれば、鍛冶系やデザイナー系のスキルが必要となるが、
 アトリエにセットされているカタログが優秀なので、
 そこもサクっと進めることができる。

「素材は金属系とクリスタル系のハイブリットで……エレメンタル配合値とかエーテルシナジー率とか元素変換割合とか、その辺は、まあ、ぶっちゃけ、今の俺のレベルだとさっぱりだから、アトリエ先生の『絶妙な塩梅(あんばい)』で丸っとグワっと『いい感じ』にヨロシクっと」

 素材を投入し、作りたいアイテムを選択することで、自由にアイテムを作れるお手軽仕様。
 本来であれば「素材の特性」や「組み合わせた際の反応」などを、
 数百年単位で学ばないと、ロクな錬金はできないのだが、
 しかし、そこは、アトリエがサポートしてくれるため、
 何も考えずに、テキトーにポンポン放り込むだけでもどうにかなってしまう。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く