『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

15話 ワンダーナイトは格が違った。

 15話 ワンダーナイトは格が違った。

「よし、このまま、ワンダーナイトを8体連続で狩って、ワンダーナイトを俺のラムドカードにしてやる」

 決意すると、ゲンは、扉の外にでる。
 そして、すぐに中へと戻ると、
 当然のように、またワンダーナイトが復活して襲い掛かってきた。

「……『不思議なダンジョン』っていうより『キャッス〇ヴァニア』だな……」

 などとつぶやきながら、
 ゲンは、ワンダーナイトを狩っていく。

 回数を重ねるごとに、
 ワンダーナイトを倒す時間が短くなっていき、
 本日9体目との闘いにおける撃破タイムは、なんと五分を切った。

「今日だけで、めちゃくちゃ強くなったな、俺。……『対ワンダーナイト限定の強さ』的なところがあるけど」

 などとつぶやきながら、
 スマホを操作して、
 『ラムド王デュエルクエストモンスターズ』のアプリを起動する。

 すると、『ラムドカード作成可能』のアイコンが出ており、
 タップしてみると、パァンと軽く弾ける音が響いた。
 そして、胸の前に、一枚のカードが出現する。

「できたぜ……ワンダーナイトのラムドカード」


 さっそくスペックを確かめるゲン。


 000000000000000000000000000000000000000

 『ワンダーナイト』

 《RCL》    【1】
  ※ 『RCL=ラムドカードレベル』

 [HP]     【700/700】
 [MP]     【500/500】

 「攻撃力」    【39】
 「魔法攻撃力」  【50】
 「防御力」    【55】
 「魔法防御力」  【60】
 「敏捷性」    【20】
 「耐性値」    【35】


 魔法『光撃ランク6』

 111111111111111111111111111111111111111



「うわぁ……別格に強いぃ……というか、ラムドゴブリンとラムドキマイラが弱すぎるだけかな……」



 ちなみに、ワンダーナイトを計10体倒したことにより、『ラムドゴブリン』と『ラムドキマイラ』のラムドカードレベルはどちらも10を超えていた。
 これにより、二体の合体が可能となる。


「……合体もためしておくか」


 そう言いつつ、合体の項目をタップして、
 『ラムドゴブリン』と『ラムドキマイラ』の二枚を選択。
 すると、ちょっとした演出の後に、

 ――新たなるラムドカード『ラムドオーガ』が出来上がった。


「おお、なかなかいいねぇ」


 000000000000000000000000000000000000000

 『ラムドオーガ』

 《RCL》    【1】

 [HP]     【320/320】
 [MP]     【0/0】

 「攻撃力」    【32】
 「魔法攻撃力」  【0】
 「防御力」    【20】
 「魔法防御力」  【10】
 「敏捷性」    【7】
 「耐性値」    【3】


 魔法『闇球ランク2』

 111111111111111111111111111111111111111


 HPと攻撃力がなかなか高く、アタッカーとしてそれなりに有能。
 ただ、

「……MPも魔法攻撃力も0なのに、引き継いだのは、闇球の魔法か……かみあってないねぇ……スキル継承システムが、初期のメガテン風ランダムなのが、ちょっとアレだなぁ……時代のニーズにあわせて、現代ペルソナ風の仕様にしてもらいたいぜ」

 などとブツブツ言いながら、
 いったん『チョコネコのもっと不思議な館』の外に出て、
 また中に入ると、当然のように、ワンダーナイトが復活していたので、

「それでは、ためさせてもらおうか、中級ラムドカードの性能とやらを。……ワンダーナイト、召喚! ラムドオーガ、召喚!!」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く