『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

14話 ワンダーナイトを殺しまくろう。

 14話 ワンダーナイトを殺しまくろう。

 翌日は講義が『休み』の日であり、
 朝から晩まで完全な自由時間となっていた。
 ちなみに、休みは今日と明日で2連。

 ゲンは、いろいろ悩んだ結果、

「今日の午前中は、チョコネコでモンスターを狩りまくって、素材とラムドカード強化……午後は、集めた素材でアイテム作成をしようかな。明日の休みのスケジュールは……また明日考えよう」

 おおざっぱなスケジュールをたてると、
 さっそく『チョコネコのもっと不思議な館』へと向かゲン。

 特に邪魔が入ることもなく、
 スムーズに目的地にたどり着くと、
 さっそく、チョコネコのもっと不思議な館の内部へと足を踏み入れる。

 すると、前回とまったく同じフロアに出て、
 そして、

「またワンダーナイト……もしかして、フロアも配置も固定か? ……そんなザマでよく『もっと不思議』を名乗れたな。『もっと不思議』ってのはなぁ、もっと不思議な構造になっているんだよ、ボケが」

 と、奇妙なことを口走りながら、
 ゲンは剣を抜き、

「まあ、こっちの方が助かるけどな。『倒して、出て、倒して、出て』を繰り返して、お前を俺のラムドカードにしてやる」

 そう言いつつ、
 ゲンは、ラムドゴブリンとラムドキマイラを召喚する。

 昨日の戦闘で『多少は強化されている』のと、
 ワンダーナイトと戦うのは二回目で『勝手がわかっている』という事もあって、
 昨日は倒すまで15分かかった相手に、
 今日は10分で勝つことに成功した。

「動きがワンパターンだから、慣れれば楽勝だな」

 ワンダーナイトは決して弱いモンスターではないのだが、
 これまでの人生で『基礎』をしっかりと固めてきたゲンにとっては、
 さほど強敵ではなかった。

「ドロップアイテムもゲットっと……今回は、なんか『鉄っぽい石』……まあ、たぶん、そこそこいい素材なんだろう」

 そう言いながら、アイテムボックスにしまいつつ、
 自分自身のコンディションを確認する。

「ん……精神的にも体力的にも、全然余裕だな……」

 ラムドカードの様子も確認しておく。
 ラムドゴブリンとラムドキマイラは、
 損傷が激しくとも、30分~1時間ほどで、体力と魔力が全回復する。

 今回の戦闘では、以前と違い、立ち回りがしっかりしていたので、
 魔力も体力もさほど消費していなかった。

 これならば、余裕で連戦にもたえられそう。

 ちなみに、レベルもちょっと上がっている。
 相変わらず、ステータスの伸びは低いが、
 ラムドゴブリンのラムドカードレベルが7になったことで、
 ラムドゴブリンの『闇球』のランクが2に上がった。

「ランク2になったことで、消費MPが少し減って、3発ほど連射できるようになったか……なかなかの成長だな」

 ラムドカードだけではなく、
 ゲンも成長している。
 ワンダーナイトという、それなりの強敵と戦うことで、
 どんどん努力ポイントを稼げている。

 自身もオプションも、着実に強くなっていくゲン。

「よし、このまま、ワンダーナイトを8体連続で狩って、ワンダーナイトを俺のラムドカードにしてやる」

 決意すると、ゲンは、扉の外にでる。
 そして、すぐに中へと戻ると、
 当然のように、またワンダーナイトが復活して襲い掛かってきた。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く