『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

11話 ラムドゴブリン、召喚。

 11話 ラムドゴブリン、召喚。

(出来るようにならなきゃいけないコトは、まだまだ山ほどある)

 ゲンは、呼吸を整えながら、

「あー、おもしろいっ!」


 本音を口にして、

「虹気!!」

 切り札を投入。
 全身のオーラが洗練されていく。

 すべての細胞が軽くなったような気がした。

 ――ゲンは、続けて、アイテムボックスから、1枚のカードをとりだし、

「ラムドゴブリン、召喚」

 そう宣言すると、カードがカっと光って、
 特殊な見た目をしているゴブリンが召喚された。

 一般的なゴブリンよりじゃっかん目つきが悪く、
 性格がひねていそうで、頑固そうで、面倒くさそうで、
 どこか、闇を孕んだ孤独主義者っぽい雰囲気を出している。



 000000000000000000000000000000000000000

 『ラムドゴブリン』

 《RCL》    【1】

 [HP]     【150/150】
 [MP]     【90/90】

 「攻撃力」    【8】
 「魔法攻撃力」  【7】
 「防御力」    【8】
 「魔法防御力」  【5】
 「敏捷性」    【3】
 「耐性値」    【9】


 魔法『闇球ランク1』

 111111111111111111111111111111111111111



 存在値は『10』と、かなり弱いが、
 しかし、それは『ラムドカードレベル』が『1』だから。

 ラムドカードは成長する。
 ラムドゴブリンには、無限の可能性がある。

「ラムドカードを成長させながら、俺自身のレベルアップを求めつつ、ワンダーナイトのラムドカード化を目指して、ついでに、錬金用の高級素材集めにもいそしむ……一石で何羽もぶちぬける、非常に有意義な時間だ」

 などと口にしつつ、
 ゲンはラムドゴブリンと共闘する。

 ワンダーナイトが相手だと、
 ラムドゴブリンは一撃で殺されてしまうので、
 後方支援を任せる。

 ラムドゴブリンは、小弓を得意武器としており、
 ランク1だが、闇球の魔法も使える。
 ※ 『闇球』はピンポンサイズの闇属性の球をぶつける魔法。闇球をくらった相手は、たまに魔法防御が下がる。

 決して高性能ではないが、
 召喚しておけば、確実に『DPS(単位時間当たりの火力)』は上がる。

 成長していけば、非常に優秀な遠隔砲台にもなりえるだろう。

「さらに! ラムドキマイラ、召喚!」

 ラムドキマイラは、『遅鈍眼(ちどんがん)』という『オーラを込めて睨みつけた時に、低確率で相手の動きを遅くするスペシャル』を持つモンスター。
 ※ 遅鈍眼は、スペシャルの階級的には一番下の『ブルースペシャル』なので、
   発生確率も効果もかなり低い。


  ちなみに、スペシャルの階級は以下の通り。

 ・レッドスペシャル(マイナス要素。例、成長遅い)。
 ・ブルースペシャル。
 ・ブルーツースペシャル。
 ・ブルースリースペシャル。
 ・ゴールドスペシャル。
 ・プラチナスペシャル。
 ・プライマルプラチナスペシャル。

 ラムドキマイラは、存在値15で、ラムドゴブリンより強いが、
 ワンダーナイトが相手だと瞬殺されてしまう程度のステータス。

 ゆえに、直接戦力ではなく、
 デバフ散布要員としてフィールドに配置する。

 000000000000000000000000000000000000000

 『ラムドキマイラ』

 《RCL》    【1】

 [HP]     【250/250】
 [MP]     【110/110】

 「攻撃力」    【9】
 「魔法攻撃力」  【8】
 「防御力」    【12】
 「魔法防御力」  【3】
 「敏捷性」    【8】
 「耐性値」    【15】

 魔法『氷矢ランク1』
 スペシャル『遅鈍眼』

 111111111111111111111111111111111111111


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く