『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

10話 いとおかし。

 10話 いとおかし。

「……試しにちょっと入ってみるか……出入口付近でウロウロして、ヤバくなったらすぐに逃げるスタンスで……」

 などとつぶやきつつ、
 ゲンは、『チョコネコのもっと不思議な館』に足を踏み入れた。


(広いな……)


 最初の階層は、ワンフロアになっており、
 非常に見通しがいい。

(出口は開きっぱなし……これなら、なにかあっても、すぐに緊急離脱できる。最悪の時は、全てを投げ出して、全力で出口に逃げ込む……)

 背後の扉を後目に、心の中でそうつぶやいていると、

「……ん?」

 バチバチっと音がして、
 フロアの中央にジオメトリが出現した。
 そのジオメトリは、青く、白く、輝くと、
 一体の真っ白な鎧をまとう騎士を排出した。

 その姿を確認したゲンは、

(ワンダーナイトか……)

 教科書で見たことがある上位のモンスターだった。

(上級の霊種。武器は長剣。魔法を得意とし、最大でランク6を使う。魔法系の資質が高いが、魔法使い系ではなく、攻撃力と防御力も高い汎用性抜群の魔法戦士型。耐性も高く、状態異常の通りは悪い。……霊種だが、対策をしても無力化できるわけじゃなく、際立った弱点がない。オールラウンダーで高性能。言い方を変えれば器用貧乏)

 教科書に書いてあったことを思い出しながら、
 ゲンは剣を抜く。

(存在値は50~70……『天才型(個体値MAX)』になると80近いやつもいるらしいが、基本的には60前後……)

 魔力を高め、オーラを充実させる。

(きわめて高性能なモンスターだが……搦(から)め手をバンバン使ってくるタイプじゃねぇ。使える魔法も、攻撃系と回復系で、特有の対処や立ち回りは必要じゃない。勝利には『地力』が求められる相手。つまりは、慎重に戦えば普通に勝てる相手……)

 分析は終了。
 ゲンは深呼吸をはさみ、

「ダギーやアギトと比べれば、話にならねぇぜ」

 そうつぶやいてから、足に力を込めた。

 まっすぐ突進。

 ワンダーナイトは、そんなゲンとまっすぐに対峙する。
 搦め手はなし。
 真っ向勝負。

「うらぁあ!」

 ゲンの剣がきらめく。
 ワンダーナイトは、鮮やかにさばきながら、
 右手に魔力を集中させて、
 流れのままに、

「――光撃ランク6」

 光属性の衝撃魔法を放ってきた。

 ゲンは、冷静に対処をし、
 光撃の効果範囲から緊急離脱。

 魔法が発動するまでのタイムラグの認識もバッチリ。
 計算通り、ギリギリのところで回避。

(……勉強って大事だよなぁ……)

 『知っている』おかげで、ゲンは、ワンダーナイトと闘えている。
 もし、ワンダーナイトについて不勉強だったら、
 今の一撃だけでも致命傷をくらっていただろう。

 事前に心構えが出来ていて、対処方法を勉強していれば、
 相手が格上でも、どうにか互角以上に戦うことができる。

 『まるで受験みたいだ』なんて、
 そんなことを思いながら、
 ゲンは、

(まあ、そんな相手ばっかりじゃねぇから、臨機応変な対応力も必要になってくるわけだが……)

 魔力を練り直しつつ、
 心の中で、

(出来るようにならなきゃいけないコトは、まだまだ山ほどある)

 呼吸を整えながら、

「あー、おもしろいっ!」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く