『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

8話 デジャブ2。

 8話 デジャブ2。

「……ステーキ定食、弱火でじっくり」

 そう言うと、大木がブブブっと揺れて、人が入れる大きさの穴が開いた。

「……なんだ、これ」

「びっくりだろ。呪文をとなえると通れるようになるんだ」

「こんな場所、よくみつけたな」

「完全に偶然だけどな。もともと、この大木は、なんか怪しいと思って、この3年間、いろいろとやってはきたんだが……押しても引いてもなんともなくて、けど、あきらめずに、今日の昼休みも、色々とやって、腹が減った時、ふと、昼飯の事を考えて、ボソっと口にしたら、こうなったってわけだ」

(……弱火でじっくりねぇ……完全にハンタネタだが……)

「ちなみに『俺の見立てで怪しかったランキング』でいうと、ここは二位だけどな。一位は図書館だ。あそこがぶっちぎりで怪しかったから、基本的には、あそこで一日の五時間以上を費やして、棚の位置をズラしてみたり、本の背表紙を押してみたりと、ひたすらに色々とやったんだよ。ビックリするくらい、何もなかったけど」

「毎日五時間……そんな無意味なことを」

「実際、図書館に使った時間は無意味だったなぁ。いやぁ、しかし、ただの現実逃避だったのに、まさか、マジでこんな奇妙な秘密を見つけてしまうとは……我ながら、自分の奇運っぷりには驚かされる」

 言いながら、大木に出来た穴の中へと入っていくボーレ。
 たっぷりとした下腹部をどうにか押し込めて奥へと進む。

 穴の中は、トンネル状になっており、その長さは20メートルくらいだった。

(このトンネル……けっこうな大木だったとはいえ、あきらかに実面積を超えている……つまり、これは、実際の空間ではなく異空間だな……)

 大木の穴は、異空間への出入り口であって、実際に木に穴が開いているわけではない。

 まっすぐに降りると、光の魔法がかけられた通路に出た。

 徒歩五秒ほどの距離になっている通路を抜けると、
 そこには、体育館くらいの広い空間があって、その奥には、


「……なんだ、あの扉……」


 『禁域の扉』と似たようなフォルムの扉があった。
 もちろん、ゲンは、その扉が『禁域にあるものと似ている』などとは思わない。

「あの奥にはきっと、金銀財宝がたくさんあるぞ……」

 目をキラキラさせてそんな事をいうボーレ。
 それを横目に、

(マジで大金があったら、普通にありがたいなぁ。闇市の商品で欲しいモノは、ほかにもたくさんある)

 などと考えていると、
 ボーレがトテトテと扉に近づき、

「さぁて、この扉はどうやったら開くのかなぁ……」

 まずは、押したり引いたりしてみた。
 だが、何も起こらない。
 そこで、ボーレは、扉の周囲を探しだす。

 ゲンも、それに続いて、色々と探してみた。
 すると、
 ほんの十数秒の探索で、ボーレが、

「おい、ゲン。みつけたぞ。ボタンを押したら、文字盤が出てきた」

 そこまでは歓喜の声に包まれていたが、

「あ、でも……ぜんぜん知らん言葉だ!」

 すぐさま絶望の声に変わった。

「その上、複雑すぎる! これだけ、色々な形態で書かれているということは、きっと、おそろしく難しい暗号だ! 俺にとけるわけねぇ! どうしよう! 詰んだぁあああ!」

 頭を抱えて嘆くボーレ。
 そんなボーレの横から、どれどれと文字盤を覗きこむピーツ。



 その文字盤には、こう書かれていた。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 4 :仕様書不明さん :00/00/00 00:04
  ∧__∧ **  
 ( ´∀`)< ぬるぽ

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 それ見たゲンは、つい反射的に、
 その文字盤を殴りながら、

「……ガッ」

 そう呟いてしまった。

「ゲンさん?! ちょっ、おい、どうした、急に! 情緒不安定か?!」

 ゲンの奇行にびっくりして、そう叫ぶボーレ。

 しかし、そこで、ピンポーンと音がして、
 グゴゴゴゴと大きな音をたてて扉が開いた。

「……ナメてんなぁ」

 ボソっとそうつぶやいたゲンに、
 ボーレは、

「いくら、暗号の難易度が高いからってヤケをおこすな。俺もさっきは大分動揺してしまったワケだが、お前の奇行を見て逆に冷静になれたよ。うん、逆によかった。慌てる後輩、なだめる先輩。俺達は意外と良いコンビかもしれない。よし、というわけで、まずは、この暗号を解くためのヒントがないか探してみよう」

「……は?」

「ん、どうした?」

「扉なら開いただろ」

「……ゲン後輩。ほんとうに、どうした、大丈夫か?」

 ガチで心配そうな顔をしているボーレ。
 そこに違和感を覚えたゲンは、

「一個、質問をする。ちゃんと答えてくれ、ボーレ先輩」

「お、おう……どうした、ゲン後輩」

「今、扉は、しまっている。そうだな?」

「まあ、そうだな。開いていたら、とっくに中へと入っているワケだからなぁ」

「……」

 そこで、ゲンは扉に視線を向けてみた。

(間違いなく開いている……)

 扉は開いていて、
 中から淡い光が漏れている。
 光が邪魔で、奥は見えなかったが、確かに……

(……まさか、『開いたように見えている』のは俺だけか? なんだ、それ……どういう状況だ……)

 数秒、考えてみて、

(もしかして、暗号を解いた者しか『中に入る事が出来ない』のはもちろん、『扉が開いたと感じる事』さえもできない、とか? ……うーむ……)

「妙な事を言っていないで、お前もヒントを探せよ」

 そう言って、ボーレは、この空間のあちこちを探しだす。
 その背中を横目に、
 ゲンは、

(……行ってみるか……)

 心の中でボソっとそう呟いてから、

「ふぅ~」

 と、一度深呼吸をして、
 扉の奥へと足を踏み進めた。

 慎重に、おそるおそる、まっすぐに、
 先の見えない奥へ、奥へと進んでいく。
 淡い光に包まれた謎の通路。
 『光っている』という事以外、なにも認識できない妙な道。

 そんな通路を10秒ほどまっすぐ進むと、そこで、

「……ん」

 光が落ちついている空間があった。
 先ほどの『扉があった空間』よりもさらに大きい。

 その空間の最奥には、
 また扉があって、
 その扉の横には石板があった。

 その石板に書かれていたのは次の通り。



『ようこそ、チョコネコのもっと不思議な館へ』



「……もっと不思議系か……怖いな……」

 ローグ系のゲームを嗜(たしな)んだコトもあるので、
 『もっと』の怖さは知っている。

「もし、俺の知っている通りの『もっと不思議』だと、持ち込み不可で、アイテムは全部未識別で、かつ呪われたマイナスアイテムてんこ盛りで、おまけに、敵の殺意がMAXという、常時『だいぶ尖った幸運』が味方してくれないと、いつでもどこでも、サクっと事故死してしまうアルティメットなデスロードなんだけど……ここも、その手のヤベぇ感じなのかな?」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く