『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

5話 ブチ殺すぞ、ゴミめが。

 5話 ブチ殺すぞ、ゴミめが。

(ラムドカード作成のためのモンスター討伐……アトリエでアイテムを創るための素材集め……やりたいことは山ほどある……さて、どこから手をつけていくか……)


 やるべき事と、やりたいことが、山ほどあって、着手に悩む。
 最高に楽しい時間。
 高揚が止まらない。

 ――と、そんな興奮状態のゲンに、

「ところで、最下位くん、ちょっと話があるんだが、時間をくれないか。ダメだと言われても、勝手にもらうけど」

 ボーレがそんな言葉を投げかけた。

「……話を『聞く・聞かない』の前に、まず、前提として……なんだ、『最下位くん』って」

「お前、裏では、みんなに、そう呼ばれているんだよ」

「マジでか」

「ああ、たぶんな、知らんけど」

「……はぁ? なんだ、たぶんって」

「正確に言うのであれば『そう呼ばれていたらいいのになぁ』と思いました、って感じのアレなヤツだ」

「……そうですか」

 ボーレにウザ絡みされて、
 心底からダルそうな顔をするゲン。

 ちなみに、一応、『Sクラス内におけるランキング』では、
 当然、ゲンが最下位。
 ゆえに、ゲンが裏で最下位くんと呼ばれている可能性もゼロではない。

 ゲンは、ため息交じりに、

「……で、話ってなんだ?」

「実は、お前にとって、非常にメリットがある話をもってきた」

「うれしいねぇ」

「なぜ、そんなに目が死んでいるのかな?」

「そりゃ、聞く気がないからだろうな」

「そうか、しかし、お前は聞かざるをえない。なぜなら、これは全宮ロコ様に関する話だからな」

「……」

 ロコに関する話だと言われてしまったら、ゲンは、確かに聞かざるをえない。
 ゲンは、心底面倒くさそうなかおで、

「……で、なんだ?」

「それが、人の話を聞く態度かね?」

「……うぜぇ……」

 ゲンは本音をこぼしてから、

「……ボーレ先輩……『ロコ様に関する、私にもメリットのある話』とは、なんでしょうか? ぜひ、お教えいただきたく存じます」

「心がこもっていない、やりなおし」

「ファッキュー、ブチ殺すぞ、ゴミめが」

「あははははは」

 ボーレは、おかしそうに笑ってから、

「さて、では、そろそろ本題にいこうか」

 多少はマジメな顔つきになって、

「ほら、お前と俺って、選択科目が結構かぶっているだろ?」

「あ? ああ……まあ」

「結構っていうか、お前と俺、『基礎系』はぶっちゃけ、全部かぶってんじゃん?」

「そうだな。それが?」

「で、なぜかは知らんけど、お前には、もれなくヤマトさんがついてくるだろ?」

「そうだな。それが?」




「ストレスがマッハなんだよぉおお!」




「……情緒、どうした……」

 急に怒り出したボーレに、ただただ呆れるゲン。

 そこで、ボーレは立ち上がり、窓の外の夕日を眺めながら、
 ゲンに対して背中で語りだす。

「ハッキリ言おう。俺は、ヤマトさんが怖い。あの人には、こう、なんというか、女子的な怖さの全てが詰まっている気がしてならない」

「女子的な怖さ……いや、それはちょっと違うんじゃないかなぁ。あれは、もっと、こう、根源的な人のヤバさというか……いや、んー、でも、まあ、否定しきれないところもなくはないかな」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く