『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

4話 ワクワクとドキドキがとどまることを知らない。

 4話 ワクワクとドキドキがとどまることを知らない。

 450億のつかいみちを悩みに悩んだ結果、ゲンが選択したのは、
 100億の『ラムド王デュエルクエストモンスターズ』と、
 350億の『P型ウィトゲンシュタインのアトリエ』の二つ。


 ※ ちなみに、ロコは入学直後に、
   アギトから、使用人経由で、
   900億円の『現金』を受け取ると、
   その足で、全宮学園内にある貸金庫を二つ借りて、
   一方は自分の分、もう一方はゲンの分という扱いにし、
   アギトから受け取った現金をキッチリ半分に分けてぶちこんだ。
   『カギを預けておく。好きな時に好きなだけ使えばいい』
   ロコからそう言われて、ゲンは『魔法がかかった小さな鍵』を受け取った。
   既にゲンはその金を使いきっているため、
   現在、金庫の中はカラっぽ。
   ゆえに、貸金庫のカギをロコに返しても問題ないのだが、
   『あんな大金、どうやって全部使った?』
   と詰め寄られた際の返答を持っていないため、
   まったく意味はないが、一応、今もカギを持っている。


 ――『数多ある商品』の中から、ゲンが、
 『ラムド王デュエルクエストモンスターズ』と
 『P型ウィトゲンシュタインのアトリエ』の二つを選択した理由は、
 ハッキリ言って、『インスピレーション』以外の何物でもない。

 往々にして『あまりに悩みに悩みすぎた場合』に起こる現象。
 あとあと『あれ? 俺、なんでこれを買った?』と自分に対して疑問符を抱く、人間特有の妙な性(さが)。

 たいていの場合、その手の性(さが)が発動した場合、
 後悔して涙を呑むのが常(つね)なのだが、
 しかし、ゲンは、自分の選択に満足していた。

(……完全に『もう、これでいいや』ぐらいの感じで買っちゃった二つだけど……説明書を読む限り、この二つはかなりいいな)

 どちらの商品も、非常に汎用性があり、
 やり方次第・努力次第という注釈はつくが、しかし、
 どちらにも、『最強』を狙える『凶悪な可能性』が秘められていた。

 『買った瞬間に自分が強化される系のアイテム』ではなかったが、
 しかし、キッチリと運用していけば、かなりの戦力になるのは間違いない。


(……『ラムド王デュエルクエストモンスターズ』と『P型ウィトゲンシュタインのアトリエ』。この二つ、どちらも、根気を必要とするアイテムだが、根気が必須の技能の方が俺にはあっている。『チートアイテムを手に入れて無双する』というのにも憧れるが、しかし、ちゃんと『最強』を目指すなら、地に足がついた能力の方がいい)


 どちらのアイテムも、正直に言うと、まったく派手さはない。
 もちろん、とんでもない性能のアイテムだが、
 相対的にみると地味目といわざるをえない。

 ただ、どちらも、汎用性と将来性が高い商品。
 『地道な努力』と『狂気の根性』に定評がある人間にとって、
 この二つは、すさまじく相性がいい。


(ラムドカード作成のためのモンスター討伐……アトリエでアイテムを創るための素材集め……やりたいことは山ほどある……さて、どこから手をつけていくか……)


 やるべき事と、やりたいことが、山ほどあって、着手に悩む。

 この時間が最高に楽しい。
 脳汁があふれてとまらない。
 ワクワクとドキドキで心臓がはちきれそう。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く