『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

99話 99回。

 99話 99回。

「それでは、そろそろ失礼する。聖誕祭の栄典式がそろそろ始まるのでね。カドヒト捕縛の件については、また今度、話を聞かせてほしい」

 去っていくジャミの背中を見送りつつ、
 バンプティは、心の中で、

(……『主を信じない自由』……そんなものは必要ない……)

 信念を主軸とした暴論を展開していた。

(愚か者ども……自分たちの王すら知らぬマヌケ……あってはならぬ、そんなこと……)

 グツグツと、心の奥で、怒りが沸いてきた。

 先ほどの『ジャミの反応』は、
 『狂信者バンプティ』からすれば、
 許しておけない態度。

(自分が根源的に『誰によって支えられて生きている』のか……『その程度の基本的理解』も出来ておらぬ大バカ者……是正せねばならぬ……なんとしても……主の輝きを理解しようとしない者に、生きている価値はない)

 バンプティの中で、
 『ゆがんだ感情』が膨らんでいく。

 神への愛が、
 ヤンデレ方向へと開花していく。

 ――ゆえに、
 その『病(や)み系の萌芽』を糧として、
 バンプティの中で、
 『ヤツ』が力を取り戻す。



「……ぅぐっ」



 ビリィっと、全身がしびれた。
 弱さを持たない強引な電流。
 抵抗する余裕は与えてくれなかった。

「……ぁ……っ――」

 ほぼ一瞬で、
 バンプティの意識は途切れた。

 フラっと倒れそうになる体を、


「――……おっと……」


 『仮バグ』は、グっと支えて、

(……よし……同期、スタート……)

 心の中で、そう呟きながら、
 意識を巡らせて、

(……S099の裏イベントスイッチがONに切り替わっている……どうやら、スールの方の処理は問題なく終わったようだな。センエースがオレの方にくる気配は……ない。『いつもどおり』、バンプティは放置のスタイルでいくようだな)

 『自身の光を刻む』という形で『未来』を見せたため、
 バンプティに対する後処理はサクっとした記憶介入でも構わない。
 最悪、記憶の一部が残っていたとしても、
 これまでと大して変わらないし、
 なんなら、少しぐらい残っていた方が、
 今後の指針になりえるだろう。
 だが、反聖典側のスールだけは丁寧に処理をしておきたい。

 ……それが、センエースの考え方。

 センエースがそう考えて行動するということを、
 『仮バグ』は『経験』上、『知って』いる。

(何度もおんなじことをやっているんだから、当然、思考形態も行動パターンも全て読める……というか、99回以上、同じことをやっていながら、この程度のことも読めないとなれば、そいつは、真正のアホだ)

 まるで『自分に言い聞かせる』ように、
 丁寧に、『理解』を積んでいく『仮バグ』。


(データ量が多すぎて、バンプティが、オレを『完全』に取り戻すまで、このままだと、数年はかかる……意識回線にテコ入れは必須。ちゃんと理解しろよ、バンプティ。センエースが『真・第一アルファを攻略し、プライマル・コスモゾーン・レリックを入手するまで』には、確実に取り戻さないといけないんだからな)

 自分自身に言い聞かせることで、
 意識回線にテコ入れをしていく。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く