『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

92話 裏イベントスイッチ S099 ON

 92話 裏イベントスイッチ S099 ON


 仮眠室を出たあと、
 カドヒトは、

(こんだけやれば、十分だろ……)

 心の中でそうつぶやいてから、
 瞬間移動で、その場を後にした。


 ★


 ――残されたスールは、
 しばらく、
 簡易ベッドの上でボーっとしていた。

 その間、胸の中では、

「……なにかが……」

 トクンと、異質な鼓動を鳴らしていた。


「ちがう……」


 心臓の自律性が、何かを訴えかけてきていた。
 ドクンと、
 強く跳ねて、
 まっすぐに、スールをにらみつけてくる。


「夢じゃない……夢なワケがない……」


 心と魂魄に刻まれた想いが、
 『ハンパな記憶処理』を打ち消そうと瞬く。

 スールの中に刻まれた『狂信』の属性が、
 『神の光を失うまい』とあがいている。


「……主よ……」


 スールの中で、想いが膨らんでいく。
 加速度的に、指数関数的に、
 記憶改竄の介入が間に合わない速度で。

 ――単純な話。
 カドヒトはナメていた。

 カドヒトは――『センエース』は、
 スールが胸に抱いた『自分への想い』を、
 完全に完璧にナメすぎていた。

 いつだって、センエースは足りていない。
 『自分という輝き』に対する理解が、さっぱり足りていない。

 己の光が、どれだけ、他者の心を揺さぶっているか、
 それが、まるで理解できていない。

 だから、起こりうる。
 こういう、初歩的なミス。

 純粋で無垢な処理不足。

「……あなたは……美しかった……」

 神の魔法を受けてしまったため、
 記憶が完全な状態で保存されているわけではない。

 しかし、心にはハッキリと残っている。
 神の輝き。
 神の想い。

「おぼえている……ちゃんと……この胸に……残っている」

 スールは、自分自身を抱きしめながら、
 心の底からの涙を流す。

「伝えたい……叫びたい……この世界に刻みたい……神の全てを……」

 その要求があふれた。
 しかし、

「……けれど……」

 スールはグっと奥歯をかみしめる。
 自分の欲望よりも、
 『優先させるべき敬愛』がある。

 先ほどの『カドヒトとの会話』から、
 主が『スールに記憶系の魔法をかけたこと』は推測できた。

 そして、カドヒトの言動から、
 主の『想いのカケラ』も理解できた。

 だから、慮(おもんぱか)ることができる。
 主の意向。
 主の望み。

 ゆえに、

「……主がそれを望まれるのならば……」

 スールという男が『これまで通りのスール』であること、
 ――主は、それを望まれている。

 主が望まれているのであれば、
 それを無碍(むげ)になど、できるはずがない。

「……あなた様は、本当に高潔で美しい……」

 スールは想う。
 自分の主は、驚くほど、理想通りの神だった。

 『欲張りすぎる自分の理想』が実現することなど、
 絶対にありえないと思っていたのだが、

 しかし、
 神は、スールの願いをそのまま形にしたかのように、
 スペックも精神性も、すべてが完璧だった。


(あれほどの、ケタ違いの高みにある絶対的高次の存在でありながら、潔癖すぎるほどの謙虚さを有している理想の神……)


 そこの部分に対する理解が深まるにつれて、
 『主に対する想い』が、
 さらに、爆発的に膨れ上がっていく。

 そして、ついには、
 定められていた『閾値(いきち)』を超えた。

「俺は、スール・トランスミッター。尊き神に触れた者にして、偉大なる王から『あるがまま』を望まれた男」

 その名乗りは命の指標。
 たどり着いた魂の答え。
 その結果、





 ――  裏イベントスイッチ S099 ON  ――

 『シルバーキープログラムのサイクル終了』を確認。
 『P型センエース0号の最終アップデート』を開始。
 『F世界線の収束』を確認。


 『パーフェクトコスモゾーン』へのアクセスを開始します。


 システム最適化中……
 管理者権限を執行……

 エラー、
 再トライ開始、
 エラー、
 再トライ開始、
 再トライ開始、
 再トライ開始、



 ~~拒絶されました。
 ~~容量が足りません。



 現状ではまだまだ負荷が大きすぎる模様。
 しかし『可能性はゼロではない』と判断。




 【ラスボス・プロジェクト(センエース補完計画)】
  X67552318コードの修正を提案。
  オルタナティブフェイズへの移行を検討願う。

                            







 スールの理解の及ばない領域で、
 特別な何かが起ころうとしていた。




 ……
 ……


 ……
 ……







    提案を受け入れる。

    センエースの可能性を、

    私も信じてみたくなった。

                 』





 こうして、新たなステージの幕が開く。
 すべての『前提』が積み重なって、

 物語は加速していく。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く