『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

89話 めんどくさいクソガキ。

 89話 めんどくさいクソガキ。

(突き詰めて考えると、やはり、どこかで『どうでもいい』と思ってしまう。もし、俺たちの可能性が無限だったなら、きっと、また、別の感情を抱くんだろうが……カンストが決まっている世界での勝敗は所詮、ジャンケンだからなぁ……)

 だから、結局のところは『どうでもいい』と思ってしまう。
 それが、センエースの性質。

 きわめて変態的というか、
 どれだけの贔屓目(ひいきめ)をもってしても、
 とてもじゃないが、正常とはいいがたい、
 決定的にシュールな特質。

 どうあがいても変えられなかった、
 センエースの本質。

 その『謎な資質』が『核』にあるがゆえに、
 センエースは、
 自殺という選択肢を選ばざるをえなかったのだ。

 ――と、そこで、
 センは、ふと思う。

(どうせ死ぬんだし……シューリに告白しておくか? このまま死ぬのは、自分の感情から逃げるみたいで、あまりにも無様が過ぎる気が……)

 と、そこまで考えた時点で、
 センは首を横に振って、

(……いや、逆に、そっちの方が不義理か。……『どうせ死ぬから』を動機に『ダメ元の当たって砕けろ』をかます……そんなこと、本気でホレた女にすることじゃねぇ……)

 心の中でそうつぶやいてから、

(何がどう悪いとか、そういう理屈の部分はどうでもいい。俺自身が許せねぇから、出来ねぇ……それだけの話…………く、くくく……)

 自分自身の頑固さに、軽く自嘲して、

(本当に、俺ってヤツは、めんどうくさいクソガキだなぁ……)

 少しだけ晴れやかに、
 謎の上から目線で自分を評してから、

 あらためて、
 己の人生全てに焦点をあてて、

(ライバルがいた。愛する女がいた。誰もが輝く明日を求められる『理想の世界』を実現することができた。俺は幸せだった。100%の完璧な人生だったとは言えないけれど、しかし、俺は間違いなく幸福だった)

 心の中で、そうつぶやいてから、
 センは天を仰ぎ、
 超然とした瞳で世界を見つめながら、

「あとのことは頼んだぞ」

 つい、こぼれ出る言葉。
 穏やかで、純粋な、清々しい表情で、



「……さらばだ。シューリ……ソンキー……そして……カカ〇ット」



「……どういう独り言? きっしょ」

 冷めた目でそう言われて、
 センは、

「ここまでの流れを汲んだ上での『ちょっとしたテンプレネタ』に、そこまで冷たい目を向けなくてもいいんじゃないかなぁ、とボクなんかは思うなぁ」

 いじけた声でそう言うセンに、
 シューリは、アクビをかましながら、

「言っておきまちゅけど、この場で爆発とかしたら、マジで殺しまちゅからね。自爆するのは勝手でちゅけど、オイちゃんの迷惑にならない場所で爆散してくだちゃい」

「いや、さすがに、この場で自爆とかはしないけどさぁ……お前の発言、いろいろとヒドすぎん? 止めてほしいとはマジで思っていないけど、さすがに、そこを大幅に飛び越えて『殺す』とまで言っちゃうのはどうかと思うなぁ」

 渋い顔でそう言ってから、

「……たぶん、わからんけど、きっと、俺の無限転生をガチで殺すとなれば、さすがに、1か月くらい……いや、半年くらいは魔力とオーラをためないと難しいだろう」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く