『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

88話 すべての幸福に感謝する。

 88話 すべての幸福に感謝する。

「しつこい男は嫌われまちゅよ。オイちゃんに嫌われてもいいんでちゅか?」

「もう、これ以上ないってくらい嫌われているから、なにも怖くねぇ。失うものがない奴隷だけが皇帝に勝てる――そういう気持ちで、俺は今、お前と向き合っている」

「オイちゃんの感情を甘く見てもらっちゃ困りまちゅね。このシューリ・スピリット・アースは、怒りゲージが消費されるたびに狂乱度がはるかにます。その怒りゲージを、あと2本も、オイちゃんは残している。その意味がわかるな?」

「恐ろしさと絶望のあまり、うまれてはじめて涙を流しそうだ。頼むから、残り2本のゲージは永遠に封印しておいてくれ。これ以上、情緒不安定に加速がかかったら、さすがの俺でも戦意喪失を免れない」

 流れるように冗談を並べていくセン。
 淡い時間が、ゆっくりと流れた。

 会話の切れ目を感じたセンは、
 ふぅ、と、少しだけ質量の大きいタメ息をついて、

「……」

 視線をシューリから外し、
 ここではない『どこか遠く』を見つめながら、
 静かに、

(本気で死ぬと心に決めると……なんだか、世界の色が少し変わって見えるな。今まで、少しセピア色だったが、今は、妙にハッキリとした色調に感じる)

 天を仰ぎ、
 少しだけ深く呼吸をする。

(俺みたいに壊れた男でも、やはり、ガチで死ぬとなると『一抹の寂しさ』を感じるらしい。どうやら『センエースって概念』にも『人らしさみたいなモノ』が、ちょっとは残っていたみたいだ。くく……)

 おかしそうに笑いつつ、
 自分の人生を振り返っていく。

 頭の中で、
 最大のライバルの顔を思い出しながら、

(ソンキー、お前がいてくれて、本当に助かったよ。おかげで、アポロギスを倒した以降も、戦う相手に悩まなくてすんだ。できれば、お前にも、究極超神化6に届いてほしかったが……究極超神化6に届かなくても、お前は十分に強かったよ)

 ソンキーがいなかったら、と考えて、
 センは少しだけゾっとした。

 どれだけ磨いても、それをぶつける相手がいない恐怖。

 感情の問題で、
 『シューリが相手だと、どうしても全力の暴力はふるえない』、
 という前提がある以上、
 ソンキーがいなければ『戦闘の面』においては、
 本当の『一人ぼっち』になるところだった。

 孤高を愛しているのは事実だが、
 『カラッポの一人ぼっち』は許容できないという、
 きわめてワガママな自意識のバケモノ。

(お前には本当に感謝している。……だから、限界に達したお前と戦って、どっちが強いか決めておきたかった……みたいな未練もなくはない……)

 だが、
 と、心の中で接続詞をつけて、

(しかし、突き詰めて考えると、やはり、どこかで『どうでもいい』と思ってしまう。もし、俺たちの可能性が無限だったなら、きっと、また、別の感情を抱くんだろうが……カンストが決まっている世界での勝敗は所詮、ジャンケンだからなぁ……)

 可能性が無限だったなら、
 『どっちがどれだけ積んだか』、
 『どちらの資質がより優れているか』
 それらを競い合う純粋な勝負にもなりえるが、
 現状では、どう頑張っても、そういう闘いにはなりえない。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く