『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

81話 泥の味しかしない日。

 81話 泥の味しかしない日。

『はっぴ、ばーすでー、でぃあ、つぅうう、ゆぅううううううう……じゃじゃーん。はい、おわり。さようなら』

「その短い歌すら、フル尺ではうたいたくねぇっていう、お前の気持ちは痛いほど伝わってきたが、とりあえず、もう少し、俺に付き合ってくれ」

『イヤでちゅよ。なんで、高貴なオイちゃんが、お兄(にぃ)みたいなド級の変態と付き合わなきゃいけないんでちゅか。夜景の綺麗なレストランでも予約して出直しなちゃい』

「予約はしてあるよ、毎年のことだからな」

 誕生日には、大概、
 一日の大半を、シューリと共に過ごすのが恒例になっている。

 諸事情で過ごせなかった日もあるのだが、
 そうなると、シューリがものすごい勢いでキレるので、
 何があろうと、どうにかして、
 誕生日は一緒に過ごそうと、毎年、色々と調節している。

『去年の店はいやでちゅよ。あそこ、スタッフの態度が最悪でちゅから』

「……予約する際の手間を減らそうと、お前の名前を出したのがマズかったよなぁ……まさか、あそこまでのガクブルで緊張するとは……」

 最上位アルファの中でも別段格式高い店を予約するとなれば、
 いろいろと、手順から何から面倒で、
 身分を偽ったまま予約を取ろうとすると、本当に大変なのだが、
 しかし、去年は、センが、うっかり、自分の誕生日を忘れてしまい、

『やべぇ……あの店、予約しておくようにって、シューリに言われていたのをスッカリ忘れていた』

 シューリがメインのイベントだったなら、
 流石のセンでも不義理に忘れたりはしないのだが、
 正直、センは、自分の誕生日に興味がないので、
 自分メインの約束となると、
 簡単に記憶から遠のいてしまうのだ。

『……どうしよう……さすがに、もう無理だよな……んー……しゃーねぇ……あまり使いたくない手だが……酒神終理の名前で予約しよう……』

 直前で、
 それも、五聖命王の中でも、ひときわ『性格に難がある』と、
 上流階級ではまことしやかに噂になっている『難神』――酒神終理。
 そんな厄介な神をもてなさなければいけなくなったとなり、
 さすがの超一流レストランの超一流スタッフも大慌て。

 沙良想衆クラスを相手取っても鼻歌交じりという、
 超一流の熟練ギャルソンが、あまりの緊張で、
 当日は、朝から嘔吐とゲリを繰り返した。

 『ワインについてなら、神が相手でもマウントをとれる』と豪語した、
 世界最高峰のソムリエも、その日ばかりは、
 何を口に含んでも、泥の味しかしなかった。

 当然、その日の食事は散々な結果になり、
 流れるように、シューリ、大激怒。

 ※ 店側は、決して、
   取り返しのつかない超大失態を犯した、
   というワケではないのだが、
   一食で数億(もちろん貸し切り)をとっておきながら、
   『その値段にふさわしい完全なもてなし』をしてもらえた、
   とは、とてもじゃないが言いがたい結果だった。

   シューリ大激怒の件も、
   バチギレで大暴れした、とかそういうワケではなく、
   静かにシッカリと不機嫌になった感じ。


「もちろん、去年とは違う店だよ。何度も迷惑はかけられねぇ。俺は、民間人に嫌がらせするために王になったわけじゃねぇ」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く