『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

77話 最強の鏡。

 77話 最強の鏡。

「俺よりも美しい光。……お前は、その一人になれる器。だから、さあ、もっと美しく輝け、バンプティ。俺を超えろ」

「……む、無茶をおっしゃる」

「俺は、『また何かやっちゃいました?』系男子じゃねぇからなぁ。ちゃんと自分の高みは理解している。俺は強い。俺は、命の限界に至った神の王。だが、俺はワガママなバカだから『今のままの俺』でいることが、どうしても許せねぇ。ここで終わりたくねぇという、キ〇ガイな願いを捨てきれねぇ」


「それが……主の『望み』……」


 バンプティは理解した。
 冗談でお茶を濁した先にある神の渇望。

「……いや、ソレは手段さ、あくまでも。『望み』は『違う枠』にある。そうじゃないと、俺はただの無機質な兵器になっちまう」

「もうしわけございません……私の頭では、正直、理解が……」

「愛のない力は虚しいっていう、単純な話さ。……こんなこと、正面から言わせんな、恥ずかしい」

 センの言葉を受けて、
 バンプティは想う。

(慈愛なき暴力は破壊しか生み出さぬ……主が目指している『先』は……いつだって……命の究極……倫理の最果て……)

「さあ、バンプティ。おかわりだ。もう一歩、先に行こう。まだいける。ガイアが、お前に『もっと輝け』とささやいている」

「ガイア……もうしわけございません。その概念を、私は存じませぬ。その摂理は、いったい――」

「ああ、いや、マジメに受け取らないで。ただのテンプレネタです……ごめんなさい」

 主の言葉は、どれもが、あまりにも深すぎて、
 バンプティでは、わずかも理解できなかった。

 だが、しかし、
 『想い』は伝わってきた。

 だから、

(私の可能性は、もう……本当の限界に達している……)

 ここまで、何度も、何度も、何度も、
 『限界』を殺してきたバンプティ。

 ありえないほどの高みまでやってきて、
 もう本当の本当の本当の目一杯まできてしまって、

 しかし、

(しかし、主が望まれているのだ……折れるわけにはいかん……)

 目の奥に炎を宿らせて、
 再度、自分の限界と向き合う。

 バンプティ中では、
 理性と悟性(ごせい)が、
 『もう無理だ』と叫んでいた。

 ――『さすがにもう勘弁してくれ』とわめいている自分自身の弱さに対し、
 バンプティは、キチ〇イ面で中指をたてて、

「それでも……」

 へし折れるほどに、奥歯をかみしめ、

「叫び続ける勇気を……」


 ――『その言葉』は呪い。
 へたり込むことを、死んでも許さない縛り。
 疲れ切って、へたり込もうとしても、
 荒々しく、首根っこを掴んできて、
 ムリヤリ、立ち上がることを強制してくるブラックな神の手。


「ぶっ壊れて、腐って、歪んで……」


 ――その代わり、その神の手は、
 倒れそうになった時、力強く、背中を支えてくれる。

 『折れない心』を保ち続ける限り、
 何よりも心強い味方でいてくれる、無上の輝き。


「それでもなくさなかった全てを……集めて……」


 いつだって、
 そのブラックな神の手は、
 『輝く明日を求める迷子』を、
 光のある方へと引っ張っていってくれた。

 例外はない。

 ――だから、



「ヒーロー見参っっ!!」



 バンプティの『鏡』が、
 一層、輝きをました。

 届いたのは、
 プライマル・プラチナスペシャル『マフツノカガミ』。

 超級の芸術が執行される。
 すべての神々の『良い所取り』をし、
 真に完成した『ぼくがかんがえたさいきょうの神』。

 センエースが積んだ全てを、
 そのまま写し取るだけでは飽き足らず、

 バンプティは、
 さらに、もっと上を目指す。
 限界を超えて、
 理屈を超えて、
 不可思議を飲み込んで、


「――裏閃流究極真奥義、
    クレヨン閃ちゃんシリーズ、
       超景戯画トリビュート、
           閃国大合戦――」


 さらに積んでいく。
 限界を殺し、
 もっと向こうへ。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く