『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

71話 芸術になった鏡。

 71話 芸術になった鏡。

(このままでは、ただの残骸……己の弱さに飲み込まれたままの戦犯で終わってしまう……それは認められん……『ゼノリカを支える剣の一本』である、この私が……そんな無様を晒したまま終わることなど……許されん!)

 ギリギリと、
 魂魄が軋む。

 命の器が、
 『もうダメだ』とわめいている。

 聞こえている。
 けれど、

(全身が軋む……死を感じる……少しでも気を抜けば爆発してしまいそう……苦しい……辛い……しんどい……痛い、キツい、死ぬほど重たい……とてもじゃないが、耐えられない……)


 だからこそ、



「……それでも……」



 ブチブチと、何かがちぎれる音がする。
 ぶっ壊れて、歪んで、腐って、


「それでも……それでも……それでも……」


 そして、
 だから、


「――叫び続ける勇気を――」


 バンプティが抱き続けた覚悟と、
 スールの胸に芽生えた想いが、

 真に重なりあい、正しく織り成って、
 ――本物の力になる。


 目の前に出現したのは、
 荘厳な輝きを放つルーレット。


 二人が積み重ねてきた全ての結晶。

 バンスールは、
 折れるほどに、奥歯をかみしめて、


「まわれっ……バンプティルーレット……っ!」


 命令を受けて、バンプティルーレットは、唸りをあげて回転する。
 過剰な回転数は覚悟の証。

 ギュンギュンと加速していく。

「私は……栄えあるゼノリカの天上……九華十傑の第十席序列二位……」

 奥歯をかみしめ、
 覚悟をうたう。

「神の王に仕える剣――バンプティ」

 九華の十席。
 その覚悟は伊達じゃない。

 決して『威張り散らすための勲章』なんかじゃない。
 全てを賭して『命』に尽くすと誓った覚悟の証。

 ゼノリカを支える剣。
 覚悟の結晶。
 その情動が、新たなる狂信者スールの想いに支えられ、
 確かな一つとなる。

 歪みが調律されていく。
 ただのバグではなく、
 円寂(えんじゃく)に届くほどの光になる。

 輪廻のサイクルを超えて、
 バンプティは、
 一つ上の世界に届く。

 命じられるまでもなく、
 ルーレットは、ビシィっと、音をたてて停止した。
 まるで『そこにしか止まる気はない』とでも言いたげに。

 12時の矢印が示した答え、
 それは、



「――『鏡華酔月(きょうかすいげつ)』、発動――」



 バンプティの右手に出現した、歪な輝きを放つ鏡。

 その鏡は、まるで奪い取るように、
 センエースという強すぎる輝きを、
 酷く強引に、その鏡面へ映しこみ、
 そのまま、さけぶように発光した。

 輝きは、鏡を通じて、
 バンプティの中で膨らんでいく。

 そして、その光を飲み込みながら、
 バンプティは言う。



「――究極超神化6/ギルティプラチナ・カリギュラム――」



 宣言と同時、白銀の輝きに包まれるバンプティ。
 ひどく罪深き光。
 誓いを糧にして、狂気を貪るクリスタル。
 咎人は二人。
 譴責(けんせき)の底で鏡像を磨く。
 しかして、
 その歪な輝きは、
 頑健なる想いを器として、
 無限の軌跡をつかみ取る。

 光が収束した時、
 そこには、
 最果てに届いたバンプティが立っていた。

 それを見て、センは、

「は、はは……」

 一度、乾いた笑い声をあげて、

「とことん、コピーか……。閃世界によるバフまで含めて盛大に丸ごとパクっていくスタイル。徹底的に、最後の最後まで。……純粋で無垢な可能性の鏡。そこまでいけば、もはや、大したものだと感嘆できる。ハンパなコピーは『目障(めざわ)りな贋作(がんさく)』だが、それだけ突き詰めれば『超級の芸術』たりうる」

 心からの賞賛を投げかけた。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く