『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

66話 見ればわかるだろ! もうパンパンだろ!

 66話 見ればわかるだろ! もうパンパンだろ!

「センエース、お前は異常だ。これだけ強くなったオレを……触れるだけで倒してしまう……お前は……異常だ……お前はもう、完成している……それ以上はない……あってはいけない……」


「……」



「この上なく尊き神の王よ……お前は、もう、終わっている……」



「……決めつけんなよ……」

 震える声で、

「まだ、終わってねぇ……俺も……お前も……」

 痛みが走った。
 全身を駆け抜ける、
 ピリっとした痛み。

 その痛みは、
 カンストに至って以降、ずっと抱えてきた重荷。

「まだある……まだ、終わってねぇ……バンスール、お前はまだ飛べる」

「だから、もう……ムリだと言っている」

「お前の意見など聞いていない。これは命令だ。あがけ」

「……」

「アホウのように、もがき狂え。止まることは許さない。お前の可能性は、まだ死んでいない」

 理不尽な命令を受けて、
 バンスールの感情が、
 プツンと弾けた。

「リミットなんだよぉ! マジでぇええ!」

 叫び。
 それは、悲鳴。

「もう、これ以上は積めない! というか、見ればわかるだろ! もう、パンパンだろ! 限界を超えているだろ! オレの状況をわかりやすく教えてやろうか?! 限界寸前の高血圧だ! これ以上、内圧が上がればプツンと爆発して死んじまう!」

 みっともなく喚くバンスール。
 壁を前にした者の慟哭。

 世界中であふれている、
 ありふれた『弱さ』。

「限界の限界の限界までいった! その上で、相手にならなかった! それがオレとお前の現状だ! この現状こそが! お前が『もう終わっている』というコトの決定的な証拠なんだよ! いいかげん、あきらめろぉお!」

「今、俺の話はしてねぇ。今、この瞬間において、もっとも重要なのは、お前の可能性の先。俺のことは、その次だ。順路を無視した近道には、大概、見えない壁がある」

「なぜ、お前の周りにいるやつが、お前の話を聞かないのか、教えてやる! お前が人の話を聞かないからだ! オレの可能性は詰んでいる! もう終わった!」

「いける」

 センエースは、
 まっすぐな目で、

「お前は、まだ、その先にいける」

「……いい加減にしろよ……知ったふうな口をきくな。お前にオレの何がわかる」

「お前のことなんか知らねぇ。だが、バンプティとスールのことなら知っている。どちらも俺の大事な部下。どちらも、俺のワガママのために尽力してくれた大事な家族。だから、ずっと見守ってきた。さすがに、一から十まで全部とはいかなかったが、どれだけ頑張ってくれたか、どれだけ心を削ってくれたか、そのぐらいは理解できるよう、この目で見届けてきた」

 センエースは、
 『カドヒト』以外にも、無数の、
 『もう一人の自分』を有している。

 それぞれの『自分』は、
 決して遊びではなく、
 ゼノリカの主としての責務を果たすための仕事だった。

 センは、時折、
 『社長がバイトのふりして現場に潜入してみた』のように、

 愚連にもぐりこんでモンスターを討伐したり、
 沙良想衆直下の企業でプロジェクトを任されたり、
 百済の配下に紛れ込んでゼノリカの膿を監視したり、

 ――と、様々な『現場の仕事』をこなしてきた。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く