『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

64話 バンスールとセンエースの差。

 64話 バンスールとセンエースの差。

「一個、一個が、なんか、こう……ヌルい! コピーが荒い! 模倣するなら、もっと、ちゃんとしろよ! それじゃあ、永遠に、オリジナルには届かねぇ!!」

 頭をかきむしりながら、

「そんな『浅瀬でパシャパシャやっているだけ』じゃ、無限を積んだって、俺には勝てねぇんだよ! 今のお前程度だったら、究極超神化3でも余裕で勝てる! いや、もう、本音をブチまけてしまうが、今のお前みたいなカスは、神化だけでも、どうにか出来るレベルだ!」

 神化だけでは流石に厳しいのが現実だが、
 しかし、理論上、不可能ではない。

 今のバンスールとセンエースの間には、
 それだけのハッキリとした差がある。

「地に足がついていない! 『アライメント』がショボすぎる! 『ぼくがかんがえたさいきょうのバケモノ』をやりたいのは何となくわかるんだが、あまりにも稚拙で出来が悪い!」

「……」

「骨組みは大胆に! ディティールは丁寧に! それが武の基本だ! お前は基本がまったくなっていない!」

「……」

「グンときて、バーンときて、ズガーンだ! わかったな! さあ、こい!」

 そういって、武を構えなおすセン。
 その構えは、徹底して基本に忠実な王道スタイル。
 『自分を教本にしよう』という考えが透けて見えていた。

 だから、
 そんなセンの姿を見て、
 当然のように、


「勝てるワケが……ない……」


 バンスールは、
 死んだ目で、そうつぶやくしかなかった。

 まるで、脳が焼かれていくみたいに、
 戦意がドロドロと溶けていく。


「無意味だ……何をしようと……」

 バンスールの中で、
 『絶対に勝てない』という絶望が、
 絶対の真理となって根付いてしまった。

 明確で明瞭な心ポッキー。

 バンスールが『根本からグキった』のを感じたセンは、
 焦った顔になって、

「お、お、落ち着け。安心しろっ」

 グズリだした赤子を諭すように、

「お前は強い。ちゃんと強い。まだ足りていないだけだ。お前はまだいける。何がどうとは言えんけど、そんな気がしなくもない――みたいな可能性をビンビン感じなくもない」

 言葉を選んでいるのは感じるのだが、
 しかし、その配慮がヘタすぎて、まったく届いてはいない。

「お前は強くなれる。だから、がんばれ。もう、あと少しだけ頑張ってみよう。さあ、というわけで、もう一度、ルーレットをまわしてみよう。大丈夫、大丈夫、いける、いける。お前は強い子だ」

「……」

 ようやく、バンスールは気づいた。
 『バカにしやがって』
 ――とすら思わなくなったことで、

 実は、最初から、
 『バカにされてすらいなかった』という事実に届く。

(……ふざけきっている……こんなことが……あっていいのか……)

 茫然としてしまった。

 センエースは、決して、バンスールを小バカにしているわけではない。
 字面だけ見たら、完全にそうなのだが、
 しかし、実際のところ、センエースは、
 バンスールに対して、ガチンコで、
 慰めの言葉を投げかけているだけ。

 『可能性だけ』はなくもない『不器用で豆腐メンタルなクソガキ』に、
 あれこれ試行錯誤しながらモノを教えている教員。

 それが、現状における、
 バンスールとセンエースの関係だった。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く