『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

58話 己の弱さを理解しろ。

 58話 己の弱さを理解しろ。

「速攻で、解体してくれる! ふざけた無茶を通した空間魔法など、その気になれば、一瞬で解体――解体……っっ……な、なんだ、この強度は……ど、どうなっている……っっ!」


 全力で空間を消滅させようとあがくものの、
 閃世界にはヒビ一ついれることができなかった。

 『センエースにとって都合のいい空間』などという、
 明らかなオーバーフロー技を破壊するのは、本来であれば容易なはず。

 『究極超神化6』という大技に、
 『五分間完全集中必須』や『一分限定』などの制限があるように、

 『強力な能力』には『相応のデメリット』が対(つい)となる。
 それが世界の常識・ルール。

 この手の『圧倒的優位空間作成』の場合、
 『空間の強度が脆い』というのが世界の常例。

 ――なのに、

「面倒な『対策障壁神字』を組みやがって……あ、いや、それだけじゃなく、無数のアリア・ギアスまで組みこまれているな……ば、バカみたいに複雑なファイアウォールにしやがって……な、ならば、一時的閉鎖を……」

 あらゆる角度から、閃世界を終わらせようともがくが、
 しかし、

「な……なんだ、この複雑さ……ふざけっ……」

 閃世界は、バンスールの介入を許さない。
 迎撃システムが、侵入者を許さない鉄壁の守りでもって、空間の全てを防衛している。

 無駄なあがきをしているバンスールを尻目に、
 センは、

「無駄だよ。俺の空間に介入できるほど、お前は繊細じゃない」

「あぁ?!」

「今のお前は、コピーした力を振り回しているだけの憐(あわ)れな虫ケラ。ならば、当然、確定で不可能。俺がバカみたいに積んできた覚悟は『ポっと出の安っぽいバグ技』なんかに負けたりしねぇ。俺の魔法をナメるな。閃世界の脆さをカバーするために、俺がどれだけの地獄を積んできたと思う」

 知り合いの元最強神を数秒閉じ込めるために、
 必死になって積んできた固有世界。
 死ぬほど努力して、強度を上げてきたが、
 知り合いの元最強神は、桜華閃世界を8秒ほどで解体してしまう。

 ※ 詰将棋を想像してもらえれば、閃世界の解体が理解しやすいだろう。
   必死こいて創り上げた難問を、
   サクっと解かれてしまう悲しさたるや……

「いいかげん、己の弱さを理解しろよ、虫ケラ。俺の知り合いの『元最強神』なら、この程度の空間魔法は秒で解体できる。ガチでな。……そもそも、あいつの場合、なかなか閉じ込めさせてくれない。あいつの前で、究極超神化6を積むことは、限りなく不可能に近い苦行。あきらめが悪い俺だからこそ、何度か『成功したこと』もなくはないが、俺以外なら、確定で不可能。――そろそろ理解できたか? お前は、俺の前に立てるレベルに達していないってことに」

「……」

「さあ、それでは『お遊戯会』をはじめようか。ハッキリ言っておくが、今のお前では、俺の足元にも及ばない。アポロギスは確かに強いし、事実、かつては大いに苦戦した……が、今の俺なら、造作もなく勝てる。あの闘い以降に俺が積んできた『地獄の数千年』をナメるんじゃねぇ」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く