話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

 55話 コピーにコピーを重ねるパクリ野郎。

 55話 コピーにコピーを重ねるパクリ野郎。
「はっはぁああああ!! 超々々々々大当たりだぁああああああ!」

 叫ぶバンスール。
 歓喜の中で、

「――『サクリファイス・リーンカネーション』、発動ぉおおおお!! 刻印は『記憶模倣』! 貴様の記憶に刻まれた『最恐』をコピーするぅうう!」

 宣言すると、
 バンスールの存在値が、
 限界を超えて跳ね上がっていく。

 膨大な力。
 ありえないほどの高みへと昇っていく。

「ぷはぁ……」

 天を仰ぎ、息を吸う。


「はは……ははははははははははははははははははははははは!!!!!!」


 バンスールは、豪快な高笑いを決め込んでから、
 恍惚の表情で、

「どうだぁああ、カドヒトぉおおおお!! この高み! この異質!! ついに、オレはっ……オレは『本物』になったぁあああああ! 永遠を飲み込んだ邪悪!! 限界の向こう側の向こう側の向こう側ぁあああああああ!!」

「おお、すごい技だな。ガチで驚いたよ。まさか、俺の記憶にある『アポロギス』をコピーするとは……いやぁ、あらためて見ると、アポロギス、すげぇなぁ……当時の俺、よく倒せたなぁ……」

 つぶやきつつも、
 心の中で、

(いやぁ……しかし、コピーにコピーを重ねているだけのパクリ野郎が『本物になった』などという大層な言葉を使うとは……ギャグが上品すぎて、逆に笑えないレベルだぜ)

 などと思っていると、

 ――『本物になったバンスール』は、
 何度か深呼吸をしてから、
 ニィっと黒く微笑んで、

「貴様の戦闘力がいかに高かろうと、もはや、これまでだ。今のオレは極限の向こうにいる。すべての神を超越した、究極の邪悪。もはや、自分で自分がさっぱり理解できない領域。だが、これだけは分かる。オレは無上。最強という概念の具現」

「確かに、お前の『数字』は異常な領域に達しているな」

 うんうんと頷いてから、
 カドヒトは、

「アポロギス×バンスールという狂気……それが、どの程度の高みなのか、しかと、この身で味わわせてもらおう」

 ニィと黒く笑い、

「ただ、まあ、『俺の望み通り』に『リミット』まで届いてくれたお前を相手するのに、存在値170のままってのは、さすがに体裁が悪すぎるな。狂気には狂気で返す。それが礼儀」

 などと言ってから、
 カドヒトは、

「特別に見せてやるよ、俺の……『リミット』を――」

 グっと腹の底に力をこめる。

 すると、


 ――パァンッッ!!


 と、
 カドヒトの肉体が、
 まるで風船みたいに、弾けて飛んだ。

 と、同時、
 カドヒトが立っていた場所に、


 ――『小さな太陽』が出現した。


 そして、その小さな太陽の上には、
 目を閉じて座禅を組んでいる男が一人。



 頭上に天輪を浮かべ、
 背中に剣の翼を携えて、
 瀟洒な長羽織を羽織った男。



 もはや、隠せない。
 彼こそが、この上なく尊き神の王、
 究極超神センエース。

 ――センは、ゆっくりと目を開けると、
 小さな太陽から腰を下ろし、


「すぅ……はぁ……」

 どこか遠くを見つめながら、
 無我の極地で、ゆっくりと深呼吸をする。

 今、この瞬間だけではない。
 彼は、ずっと、極地の最果てで瞑想していた。

 『仮バグが登場した瞬間』から『現在』に至るまでの時間、
 ――およそ、52分。

 その時間の全てを、
 センエースは、
 『完全集中』に使った。

 『人格』と『戦闘力の一割』を込めることができる『ミガワリヤドリギ』という究極超神器に『場』を任せ、裏では、せっせと完全集中時間を稼いでいた。

 『ミガワリヤドリギ(カドヒト)』はオートで動かせるが、
 しかし、アイテム使用時のリンクを切ることは出来ないゆえ、
 真の『完全集中』を実現することは不可能。

 結果、10倍の時間を必要とした。

 50分の完全集中。
 普通なら、稼げるわけがない時間。
 しかし、センは稼いでみせた。

 ゆえに、可能となる。
 果て無き神の姿に成ることが。





「――『究極超神化6』――」





 そう宣言すると、
 センの全身を、神々しい輝きが包み込む。

 グンと、のびやかに、
 ズンと、メタリックな重厚感を感じさせつつ、
 厳かに、うたうように、踊るように、
 オーラと魔力が閃光の旋律を刻む。

 その旋律を受けて、バンスールは、

「ぅ……ぁ……」

 思わず一歩、後退(あとじ)さってしまった。

 『存在値で言えば、自分の方が上だ』と、
 魂魄では理解できているのに、
 体の反応を制御できなかった。

 バンスールの視線の先で、
 センの輝きはさらに加速していく。

 ――究極超神化6。
 尊き『神』の最果て。
 数多の絶望を乗り越え、
 神の限界を超え、
 さらに、その先へ、先へ、先へ、

 そうして、たどり着いた、真なる究極の最果て。




 ――フォルムは、
 『スピリットプラチナ・フォルテシモ』。
 全ステータスが高性能で、かつ、強烈に高いクリティカル率&クリティカルヒットダメージが特徴的なスタイル。

 『全部で5つあるスタイル』の中でも、特に汎用性が高い姿。

 万能性を追求した至高の究極覚醒技。
 『究極超神化6/スピリットプラチナ・フォルテシモ』
 この輝きこそが、本物の無上。

 白金に、淡い金をちりばめた、凍てつくような輝き。
 冷たいけれど、どこか柔らか。
 まるで、泡で出来た羽のような光が、荘厳に、穏やかにまたたく。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く