『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

42話 閃拳という概念。

 42話 閃拳という概念。

「そんだけの大口をたたいたんだ。ちゃんと、俺を置き去りにしてくれよ。期待しているぜ」

 そう言うと、
 カドヒトは、空間を駆け抜けた。

 ――結果、バンプティの武は、すべて空となった。

(な、なんじゃ、この圧力は……)

 バンプティが積んできた努力は本物。
 そして、現状、その努力は、仮バグとの融合で開花している。

 美しい武の化身となったバンプティ。
 しかし、その美しさも、
 カドヒトの前では、
 実際のところ『空蝉』とかわらない。

 存在値に差があるので、
 カドヒトがいくら攻撃をあてても、大したダメージは通らない。

 だが0ダメージではない。
 0ダメージではないどころか、

「――神速閃拳――」

「がががががががっ!!」

 凶悪なグリムアーツの連打は、
 しっかりと通っている。

 存在値的には『2830』差でバンプティに軍配が上がるが、
 『下地の差』はそんなものではなく、
 圧倒的かつ徹底的かつ決定的に、カドヒトの方に軍配が上がる。

「存在値に差があろうが、ちゃんと気合を入れて殴りつければ、最低限は削ることができる。最低限が通るなら、あとは『お前の攻撃を避けて殴って』を繰り返すだけでいい。それで俺の勝ちだ。単純な話さ」

「なんだ、貴様の拳は! どういう手品だ!」

 バンプティごときでは理解できない武。
 バンプティだって『高みに至った達人』だが、

 『高みに至った達人』程度が、
 ――『神の王』を理解できるはずもなし。

「ただの正拳突きが、こんなに痛いわけないだろぉおお! ふざけるなぁああああ!」

「聖典読んでいるんだろ? なら、閃拳ぐらい知っているだろ? 閃拳はただの正拳突きじゃない」

「微量のアリア・ギアスが込められているだけの猿真似が! こんなに痛いわけがないと言っているんだ!! 私だって、閃拳ぐらい使える! 名前を叫んで殴るだけだからなぁああ! 閃拳程度のちょっとしたジャブで、これほどの痛みを与えられるワケがない! なんでだ! どうして!」

 ド〇ゴンボールを読んだ事があるものならば、
 だれしも一度は『か〇はめ波』をまねるように、
 聖典を読んだことがある者であれば、
 誰でも一度は、閃拳をまねてみる。

 なんせ、『閃拳』と口にして正拳突きをするだけなので、
 難しい要素は一ミリもない。

 聖典教の宗派の中には、『祈り』の一環として、
 毎朝『閃拳100回』を行うというのもあるほど。

「ちょっとしたジャブ……微量のアリア・ギアス、か……はは」

 つぶやきながら苦笑いをするカドヒト。

 一般人の視点で言えば、閃拳は、
 『名前を叫ばなければならない』という以外にデメリットがほぼない。

 その名前だって、別段『長くて言いづらい』というわけではないので、噛むこともなければ、大きなタイムラグが生じるわけでもない。
 もちろん、自分が何をしようとしているか『相手に丸わかりになる』というのがデメリットだが、『それがどうしてもイヤなタイミングでは他の技を使えばいい』だけなので、大きな重荷というわけでもない。

 閃拳は『センエースが使っていた』という点以外には際立った特徴がない、
 いわゆる『象徴的な技』でしかない。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く