『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

36話 額にM字がついた破壊王子。 

 36話 額にM字がついた破壊王子。 

「感じるよ。バンプティの叫び。抗おうとしているのを、確かに感じる」

「それは、貴様の妄想だ。『私』は『オレ』と一つになることを望み、重なり合った」

 バンプティの『表層』は仮バグの浸食を受け入れている。
 額にM字が刻まれた時の破壊王子を思い出せば、
 今のバンプティの現状が、よりよく想像できるだろう。

 超えられない壁の前で、のたうち回って生きてきた。
 だから、当然のように、
 『理想の強さ』をチラつかされて、心が揺れてしまった。

 惨めで、無様で、貧弱で、
 けれど、
 『積み重ねてきた者』だったからこそ、
 どうしても抗えなかった誘惑。

 ――カドヒトは、

「欲望を刺激されて、抵抗力が薄くなる……それだって、別段、珍しい話じゃねぇ。むしろ、テンプレといってもいい」

 鼻で笑ってから、

「……『才能がない』という事実を抱えて生きてきた人間にしか芽生えない弱さ……そこを包み込まれて、脆くなった。その無様を、俺は否定しない。かつては、俺にだってあった惨めさだ。『自分はよくて、他人はダメ』なんてナメたコトを言うつもりはねぇよ」

 ゆっくりと首をまわす。
 ポキポキと音がする。

「完全に呑まれていたなら説教をくれてやるところだが、バンプティは、まだ抗っている。見ればわかるよ。立派とは言わないが、誇らしいとは言っておこう。……だから、当然、手をさしのべてやるよ」

 ゆっくりと整っていく。

「その程度の寄生を引きはがすくらい、俺ならばワケはない。つぅか、俺がその気になれば、完璧に交わった魂魄を分離することだって不可能じゃない。俺が積んできた覚悟は伊達じゃねぇ」

 そう言ってから、
 カドヒトは、軽く武を構える。

「害虫駆除か……なつかしいな……あのころとはだいぶ趣(おもむき)が違うが……」

 その言葉の直後、
 カドヒトの姿がヒュッと、
 ほぼ無音のままに消えた。

 バンプティ(仮バグ)は、冷静に、カドヒトの軌跡を追う。
 視覚だけではなく、全神経を集中させて、
 カドヒトの瞬間移動にアンテナを張った。

 その結果、

「――決して遅くはないが、見失うほどではないな」

 左斜め後方に出現したカドヒトに、
 右ストレートのカウンターを叩き込む。

「ぶふっ……」

 顔面に一撃をもらったことで、
 軽く鼻血を出すカドヒト。

 ヘシ折れた鼻を魔法で回復させつつ、
 カドヒトは、ニっと微笑み、

「だいぶ鋭い反応だな……この『重み』は、間違いなく『バンプティが積んできた拳』だが、しかし、明らかに『質量』が増している」

 言いながら、距離をとりつつ、

「非常に重い一撃だった。昇華されているのが伝わってきたぜ。なるほど、バンプティは大器晩成型だったか……虫に寄生されたことで、華開き、加速した……壊れて、歪んで、腐って……けれど、積み重ねてきた覚悟には、一つも嘘はないってこと……」

 理解を並べながら、

「その加速、どこまで進めるのか、見届けてやるよ」

 言って、
 カドヒトは、心のギアを一つあげた。

 数値の上だと特に変化はない。
 存在値は170のまま。

 しかし、動きにノビが出てきた。
 踏み込み足がグンと伸びる。
 キレよく、つつがなく、

 カドヒトは、バンプティとの距離に風穴をあける。
 優雅に空間を支配していく。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く