『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

34話 バンプティの可能性。

 34話 バンプティの可能性。

「価値ある努力を重ねるようになり、人間の最上に至って以降も、あいつは『ただ強くなった』というだけで、別に『理想通りのヒーローだった』ってワケじゃない。あいつは、ずっとヒーローのふりをしていただけだ。当時はヒーローが必要だったから」

「……」

「時代は変わった。ゼノリカという『高潔な理念』が世界の器たりうる時代に、過去の偽物を崇(あが)め奉(たてまつ)る文化など無意味……というか、もはや、不健全きわまると言っても差し支えない由々しき事態。センエースなんていう『負の遺産』は記憶から抹消してしかるべきなんだ」

「……」

 不毛な会話をしている間も、
 バンプティは、必死になって、仮バグと戦っていた。

 闘いの中で、バンプティは、仮バグを網羅していっていた。
 対処法を見つけてはトライ&エラーを繰り返していく。

 『強敵との闘い方』なら知っている。
 ゼノリカは強者を知っている。
 いつだって、
 『自分』の『上』には『誰か』がいるから。

 『自分こそが最強だ』などとうぬぼれているヒマは一秒たりともなかった。
 だからこそ、圧倒的才能というジェットエンジンがついていながら、
 しかし『休まないウサギ』で在り続けることができた。

 ――ゆえに、バンプティは、仮バグという強敵を前にしても、
 さほど怯むことなく、冷静に対処することができる。

(すでに、この虫の底は見えた。ここまでくれば、あとは寄せていくだけ。問題なく処理できる)

 と、バンプティが、心の中でフラグをたてた――その時だった。

 バグがニィと笑って、

「ギギッ……儀式は十分だろう……」

 そうつぶやくと、
 グググっと、仮バグの体が圧縮されていく。

(小さくなった……なんだ? 何をするつもり……)

 警戒していると、
 仮バグは、
 そのまま、
 ギュゥウっと、小さくなり続けて、
 ついには、視認できなくなった。

(……消えた……消滅した――というわけではないと思うのだが……しかし、気配すら……これは、どういう……)

 何も感じなくなった。
 ――と、そう思ったと同時、

「うぐぅ!!」

 バンプティの全身がしびれた。

 足のつまさきから、脳みそまで、全身を突き抜けていく重たい痺れ。

「寄生型かっ……小癪なぁ!」

 その痺れは、
 バンプティの意識をゆがませていく。
 頭の中を。グチャグチャにかきまわされているよう。

「ぬぅう……ぐぅうあああ!!」

 頭を抱えてうめき声をあげるバンプティ。
 だが、この程度の激痛に負けるほど、バンプティは弱くない。

「私の精神力をナメるなよぉおおっっ!!」

 鋼の精神力で、仮バグの浸潤を殺そうとするバンプティ。
 寄生虫の対処方法なら知っている。

 この手のタイプは、心の弱い部分を狙ってくる。
 だが、バンプティの精神力は強靭。
 やすやすと奪われはしない。

「絶対に奪わせん! このまま、私の中で、ひねりつぶしてくれる!!」

 そんなバンプティの心に、
 仮バグはソっと触れて、

『抗うな。受け入れろ』

「ふざけるなっ……虫ケラごときに支配されるほど、私の心は弱くないっっ!!」

『黙れ。教えてやる。開いてやる。お前の底は、深く、広い』

「虫ケラのささやきごときで、私が懐柔されるとでも? ナメるのもたいがいに――」

『ナメてなどいない。お前を縛っているカラを砕いてやると言っているだけだ。ほら、聞こえないか? お前を縛っていた全てが砕けていく……その音が聞こえないか?』

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く