『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

17話 春によく沸くヤツ。

 17話 春によく沸くヤツ。

「最初に断っておくが、サインは遠慮してくれ。一人に書くと、全員に書かないといけなくなる。写真撮影もNGだ。俺の写真を家に飾られて、毎日拝まれるなんて、想像するだけで死にたくなる」

「犯罪者のサインや写真など、誰が欲しがるか、クソボケ。思想だけではなく、自意識までイカれておるのか」

「くっくっく、そんなことを言っていられるのも今のうちだ。貴様も、すぐに欲しくなるさ。俺の輝きにあてられた者は、誰だって狂信者になる。なぜならば、俺様は、この上なく尊い美の結晶だから」

「くだらんことを、ごちゃごちゃと、やかましい。少し黙れ」

 カドヒトの純粋なボケに対して、
 至極まっとうな反応を見せてくれるバンプティ
 それが小気味よくて、カドヒトは、
 ついつい、無駄なアクセルを踏み込んでしまう。

「黙れとは、ずいぶんなご挨拶じゃないか、バンプティ」

 口元の笑みを深めて、
 しかし、視線にはギラっとした光を入れて、

「なぜ、俺が、お前の命令を聞かなければいけない?」

「どうやら、私の意図が正しく伝わっていない模様。……ではこう言い換えよう。死にたくなければ黙れ」

「ははっ、いいねぇ」

 カドヒトは、本当に楽しそうに、ケラケラと笑ってから、

「九華の末端風情が、この俺を殺せるとでも? 勘違いも甚だしいぜ」

 そう言い切り、見栄を切ると、
 右手の親指で自分を指して、

「俺は真実の伝道者カドヒト・イッツガイ。その気になれば、神界の深層を統べることも出来なくはない気がする稀代の超人。運命の調律だって、任せてもらえれば、なんだか出来そうな気もしないでもない……そういうレベルのスーパーサイコパス。俺がその気になれば、お前が100億人いてもワンパンよ」

「……なるほど、イカれておる……完全なキ〇ガイじゃ……春によく沸くやつじゃのう」

 バンプティは、心底から呆れかえっている顔でため息をつき、

「できれば『こんなの』の相手はしたくないのじゃが……まあ、仕方がない」

 そう言うと、静かに気を高めていく。

 充実していく魔力。
 オーラが全身をめぐって、
 全身をシンと包み込む。

 その様を見たカドヒトは、

「おー、おー、いいねぇ! なかなかの練度だ。長き時間をかけて、じっくりと磨いてきたのが伝わってくる……」

 そう言ってから、
 さらにジっと、バンプティのオーラを見つめ、

「いや……本当にいいな……あんたはすげぇよ、バンプティ」

「貴様に褒められても、まったくうれしくない」

 そう言うと、バンプティは地面を蹴った。
 きわめて制度の高い瞬間移動でカドヒトの死角にもぐりこむと、
 右手に集めた魔力の塊を、カドヒトの側腹部にたたきこむ。

「ぐっ……っ!」

 一発では終わらない。
 続けて、二発、三発と、
 バンプティは、重たい拳を叩き込んでいく。

 素晴らしい速度、
 素晴らしい練度。

 『バンプティが積み重ねてきたもの』を、
 その身で受け止めたカドヒトは、
 瞬間移動で距離をとると、


「……心底から感嘆するぜ、バンプティ……あんたは、マジですげぇ」


 そう言ってから、カドヒトは、背後のスールに視線を向けて、

「わかっていると思うが、絶対に手を出すなよ。ここで俺に加勢したりしたら、お前もマジで捕まるぞ」

「俺は『聖典におけるセンエースの在り方』に対して『まっとうな疑問』を抱いているだけで、ゼノリカに反意を示す気などさらさらありませんから、偉大なる九華の第十席様に手をだしたりしませんよ」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く