『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

12話 天下案件のカドヒト。

 12話 天下案件のカドヒト。

「……ふむ……となりますと、カドヒトならば問題なく裁ける、ということですな」

「当然じゃ。カドヒトには何をしてもよい。アレはただのクズじゃ」

 そう前を置いてから、
 パメラノは渋い顔をして、

「しかし、あのクズは、逃げ足だけは立派らしく、楽連の上位が出ても捕まえるにはいたっておらん。何度か留置所に入れたことはあるそうじゃが、毎度毎度、ほとんど自分の意志で捕まったようなものでしかなく、いつも、その日のうちに脱獄してしまう」

 まるで、免許の更新のように、
 一定の間隔で捕縛されては、
 『写真の更新』と『存在値の測定』だけして、
 気づけば煙のように消えている。
 ※ 『写真撮影(囚人番号のプレートをもって、身長のラインが背景にあるやつ)』と『存在値の測定(基本的には存在値の高さで監獄の種類が決まる)』は、逮捕された者が最初にすること。

「一度、『霊台(長強の嫁)』に本気で狩らせてみたが、結局、カドヒトを鎮圧するには至らなかった。あと一歩のところで逃げ切られてしまったらしい。いつも思うが、まったくもって、惜しい人材じゃ。霊台から逃げ切れるのほどの実力者なら、愚連に入ることも容易であろうに、才能を無駄遣いしおって……」

 頭を抱えるパメラノに、
 バンプティが、

「ならば、私が出ましょう」

 パキっと指の関節を鳴らしながら、

「これまでは『所詮、アホがわめいているだけ』と捨て置いておりましたが……さすがに、そろそろ我慢の限界。肉体言語で説教してやりたく存じます」

 バンプティの意気込みに対し、
 パメラノは、スッキリしない顔で、

「霊台が仕留められなかったと言っても、逃げ足がハンパではないというだけで、所詮は存在値170程度の『天下案件』じゃからのう……」

 ゼノリカの視点だと、存在値200を切っている犯罪者は、
 『天下がどうにかすべき対象』と認識されており、
 それは、暗黙の了解などではなく、
 キチンと、成文化されている『大事なルール』の一つ。

「カドヒトは『存在値200以下』で、かつ『際立って危険なスペシャル』を持っているというわけでもない『きわめて平凡』なベーシックタイプの中級犯罪者。気配の殺し方だけは一級のようじゃが、しかし、それ以上でもそれ以下でもない小物。……どう考えても、天上が出るほどの相手ではないのじゃが……」

 パメラノは、ブツブツ言いながら、天を仰いで息を吐く。

 ――『仕事』には役割というものがある。
 天上には天上の、天下には天下の、『こなすべき仕事』がある。
 なんでかんでも『上がでしゃばればいい』というものではない。
 上司が優秀だからといって、雑務から何から全て上司がこなしていては、
 『組織としての示し』がつかないし、なにより『組織のシステム』が育たない。

 ゼノリカは規律と未来を重んじる。
 『魚を釣ってやる』のではなく、
 『どれだけ面倒でも、魚の釣り方をエグいスパルタで教えていく』
 というスタイル。

 『脳死した指示待ち人間』の山を築いても未来はない。
 脳死バカで土台をつくれば『支配する』のは簡単になるだろうが、
 純粋なる『輝く明日』を求めることは難しくなる。

 ゼノリカはいつだって、茨の道を選ぶ。
 その先にしか光はないと知っているから。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く