『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

10話 諦めなければいいってワケじゃない。大事なことは、何をあきらめずに生きるか。

 10話 諦めなければいいってワケじゃない。大事なことは、何をあきらめずに生きるか。

(下手に努力を積んだ者ほど、主に対する疑念をいだきがち。『命の王』など存在するわけがないと思いたくなってしまう人のサガ。『絶望の壁』を、当たり前のように越えていく存在などいるわけがない、という、もはや脊髄反射ともいうべきメンタル防御思考)

 ハンパに『絶望を知る者』ほど、
 センエースを忌避する傾向にある。
 きわめて惨めで無様な『命』のあるある。

(……もはや『嘆くこと』にさえ飽き飽きしてきた『人の脆弱さ』……『人として当然の生理』と言って差し支えない無様な疑念)

 主がいかに美しいか、それを言葉で並べたてることはさほど難しくない。
 パメラノに本気で『主の偉業』を語らせたら、
 一時も休まずに、延々としゃべり続けるだろう。

 だが、だからこそ、
 パメラノは、スールに対して多くの言葉を使わない。

 主を理解できているからこそ、
 同時に『言葉で主を伝えることはできない』と強く理解している。


(もう少し、主がまともであってくれたら、ここまで『こじれた若者』が出てくることもなかったんじゃろうが……いや、主がまともであったなら、世界は終わっていたから……これは意味のない仮定じゃな……)


 パメラノは、しんどうにため息をつくと、
 スっと、その目をスールと合わせて、


「ぬしの気持ちは十分に理解した」

 理解したというより、あきらめたといった方が正しい。
 スールと『対話を続ける理由』が、
 もはやパメラノには一つもなかった。

 ゼノリカに所属しているからと言って、
 なんでもかんでも『あきらめずに立ち向かう』というわけではない。

 上に立つ者にとっては、取捨選択も大事な仕事。
 大事なものだけを守り、ゴミは捨てる。
 『ゴミに時間をかけて、大事なものを疎(おろそ)かにする』など、
 絶対にあってはならない。

「……熱き思いを胸に秘めた青年よ……もういいから、帰りなさい」

 その発言を受けて、背後のバンプティが慌てて、

「猊下! さすがに、猊下のスピーチを邪魔したキ〇ガイを、このまま返すというのは――」

 異論を唱えかけたが、

「もういい。意味がない」

 バッサリとそう言い捨ててから、
 無機質な目で、スールを見つめ、

「聞きたいことは全部聞かせてもらった、有意義な時間じゃったよ」

 皮肉を口にするパメラノに、
 スールは、少しだけムっとした顔で、

「……こっちは、まだまだ言い足りない……ですが、お忙しいパメラノ猊下の貴重な時間を奪う気はありません……『俺に聞きたいことはもう何もない』というのであれば、もちろん、これで帰らせていただきます」

 そう言うと、イスから腰をあげて、

「最後に一つだけ」

 パメラノに対し、強い視線を向けて、

「俺は今後も、ずっと、聖典に異を唱え続けます」

 その言葉は『パメラノに対しての宣言』でもあるが、
 同時に『自分に対しての宣言』でもあった。
 良いか悪いかはさておき、その覚悟は本物だった。

 最後の最後、扉を出る時に、
 スールは、

「……俺は間違っていない」

 ボソっと、そう言ってから部屋の外に出ていった。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く