『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

7話 伝わらないメッセージ。

 7話 伝わらないメッセージ。

「俺が焦がれた『本物』は間違いなく存在したのに、聖典のせいで、俺は、長いあいだ、ニセモノに目を奪われていた。これじゃあ、あんまりだ……流れた血も、振り絞った勇気も……全部、センエースって偶像に塗りつぶされている……これじゃ……あんまりだろ……」

 かすれる声。

 強すぎる想いが、
 強固すぎる信念が、
 彼の心を苦しめる。

「俺みたいな悲劇は繰り返しちゃいけないんだ。子供が胸に抱いた本気の想いを、無為にもてあそんで、ふりまわして、絶望させるようなマネは……すべきじゃない。子供騙しのくだらない嘘で世界を穢すな。ゼノリカの事実は美しい。たのむから理解してくれ。これは、純粋な倫理の話なんだ」

 本気の想い。
 だからこそのメッセージ。
 重たい慟哭に乗せて、心からの叫びを届けようと必死。

 そんな彼に、
 パメラノは言う。

「主は実在する」

 装飾はしなかった。
 ただ事実だけを口にする。
 ゆえに、

「……ふ……ふざけるな……」

 当然、伝わることはない。
 言葉はいつだって完全に不完全だから、
 人間は、どこまでいっても正確にわかり合うことはできない。

 『誰もが輝く明日を想える未来』を手にしても、
 いまだ、人は『他者を完全に理解できる領域』には至っていない。

 『分かりあえていない』と思ったのは、スールも同じ。
 『パメラノには、自分の言葉がまるで伝わっていない』
 その事実が、彼を絶望させた。
 重たい絶望だった。
 本気で想いをぶつけたのに、わずかも響いている様子がない。

(どうして……そこまで、頑なに嘘をつきつづける……なにが、あなたにそうさせる……栄えあるゼノリカの天上、九華十傑の第二席。あなたの高潔さや誠実さは、すべての命の中でもハイエンドだというのに……なのに、どうして、当たり前の倫理が理解できないんだっ!)

 苦しさに包まれる。
 分かり合えないという絶望は重たい。
 ――しかし、この程度で折れるくらいならば、
 反聖典のメンバーになったりしない。

 第2~第9アルファにおいて、
 『聖典に反する』という行為は、
 決して『冗談』で出来ることではない。

 スールは、キっと強い視線で前を向き、

「こんなもんに騙されるのは頭の悪いガキだけだ。三至天帝以上の強さを持つ存在値1000のバケモノ……そんなバケモノ10000体を相手に一人で無双しまたって? バカすぎるだろ。せめて『全員で戦った結果、最も功績をあげたのがセンエースだった』……ってんなら、まだ無邪気に『さすがセンエース』と信じてもいられたが……いくらなんでも、これはひどすぎる」

 大人になって『命』を理解すればするほど、
 死ぬほど鍛錬して『武という器の作り方』に悩めば悩むほど、
 スールの中にある『センエースという概念』は、
 どんどん、どんどん、『安っぽい妄想』に堕(お)ちていった。

 『人の弱さ』とか『当たり前にある限界という名の壁』とか、
 そういう『超えられない現実』を知るにつれて、
 センエースという概念が、
 いかにくだらない妄想であるか、理解できてしまった。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー376435

    いつも、お話が更新されるのを楽しみにしてます!
    すごくストライクな作品なので応援しています!

    0
コメントを書く