『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

6話 純粋完全英雄主義批判。


 6話 純粋完全英雄主義批判。

「ゼノリカに関して不満は一つもない。ゼノリカはすごい。ゼノリカが必死になって世界を整えてくれたから、俺たち一般人はこうして、輝く明日を求める毎日を、のうのうと生きていられる。感謝しかない――」

 と、そこで、スイッチが入ったのか、
 スールは、ガンと、机を殴りつけて、

「それでいいじゃないか! なぜ、むりやり、センエースなどという珍妙な偶像をつくりだす必要がある! なにが『うたがいようのない完璧な事実』だ! ふざけるな! センエースなど存在しない! あんなものは、ただの妄想だ! 命は、あそこまで強くはなれない! 最強無敵の理想的ヒーローなど存在しない! この世はヒーローを許容しない! しかし! けれど! それでもぉ! 『それでもヒーロー足らんとした覚悟』が倫理の器となって世界を変えた!! 決死の覚悟を積み重ねた結果、『誰もが輝く明日を想える未来』を、その手につかんだ! それでよかったんだ! 事実は事実で美しかった! なのに……センエースなんて偶像のせいで……」

 ギリッと奥歯をかみしめて、
 キッと前を向き、パメラノの目を睨み、

「聖典は『弱さの飲み込み方』を説(と)いていながら、自ら、完全英雄主義という『穢れたイデオロギー』を掲げてしまったことで『虫唾が走る自己矛盾』に陥ってしまった!」

 沸き上がってくる怒り。
 『怒りの質』は『想いの量』に左右される。
 愛が深ければ、それだけ業も深い。

「ゼノリカには十分すぎる求心性がある! なのに、なぜ、くだらない大ウソをつく!」

 そこで、スールは、
 アイテムボックスから、
 『ボロボロの聖典』を取り出すと、
 机にたたきつけて、
 指差し、

「こんな嘘はいらない! ゼノリカの功績はゼノリカのものでいいんだ! こんな、絵にかいたような『理想の英雄』なんていうくだらない妄想は、『すべての命』に対する冒涜だ!」

 はぁ、はぁ……と息を切らすスール。

 パメラノは『スールの聖典』を手に取り、
 ためつすがめつ見て、

「ずいぶんとボロボロじゃのう……この痛み具合は、粗雑に扱ったがゆえではなく、異常なほど読み込んだがゆえのもの……」

「……はぁ……はぁ……ええ、読み込みましたよ。ガキのころから、バカみたいに、何度も、何度も」

 呼吸を丁寧に整えてから、

「ガキの頃は、純粋にあこがれた。センエースというヒーローに心から感謝もしていた。心底から愛していた。こうなりたいとすら思った。俺の希望であり、なによりの『夢』だった」

 その想いは、『第一アルファの子供』が抱く、
 ウ〇トラマンや仮面ラ〇ダーに対する気持ちに似ている。

 それが、大人になるにつれて消えていく虚像であれば、問題はなかった。
 ここで問題になるのは、『実在する』と聞かされて育ったか否か。

「頑張って近づいて、いつか、隣にたって、共に闘いとか、そんなことすら思った……だからこそ許せない」

「なにがじゃ? なにが、そこまで許せない?」

「ゼノリカは世界のために尽くした。あまたの絶望を乗り越えて、理想の世界をつくりあげた。俺が抱いた想いは、ゼノリカに向けるべきだったもの。俺が焦がれた『本物』は間違いなく存在したのに、聖典のせいで、俺は、長いあいだ、ニセモノに目を奪われていた。これじゃあ、あんまりだ……流れた血も、振り絞った勇気も……全部、センエースって偶像に塗りつぶされている……これじゃ……あんまりだろ……」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く